アップルは「iPhone X」で再び急成長できるのか – JBpress



アップル、「iPhone X」など新3機種発表 「最大の飛躍」うたう

米カリフォルニア州クパチーノで行われたアップルの発表会で、「iPhone X」を紹介するティム・クックCEO(2017年9月12日撮影)。(c)AFP/Josh Edelson〔AFPBB News

 この数日間、海外メディアでは「iPhone」の新モデルの話題で持ち切りだ。

 すでに、ご存じの方も多いと思うが、米アップルは9月12日(現地時間)、「iPhone 8」「同Plus」と、発売10周年記念モデルとなる「iPhone X(テン)」を発表した

「スマートフォンの未来」を市場投入

 これらはいずれも、新たにワイヤレス充電機能を備え、カメラやプロセッサーの性能を向上させている。このうち、iPhone Xは、3年ぶりにデザインを大幅刷新したモデルで、ディスプレーが本体全面を覆うデザインを初めて採用した。

 iPhone Xでは、これに加え、ホームボタンを廃止。これまであった指紋認証機能「Touch ID」も廃止し、新たに顔認証機能「Face ID」を搭載した。

 アップルがその発表イベントで「スマートフォンの未来」と紹介したiPhone Xは、まさに未来を感じさせる高性能機器。しかし、アップルは、本当にこれらの新モデルで、かつてのような成長を再び実現できるのだろうかと、懐疑的な意見も聞かれる。

iPhone、中国市場でシェア低下

 iPhoneの昨年(2016年)1年間の販売台数は、2億1500万台だったが、これは、その前年の2億3150万台を下回っている。四半期ベースで見ると、iPhoneは昨年7~9月時点で3四半期連続の前年割れとなった。同年10~12月期は同5%増に回復したものの、今年は、1~3月期が同1%減、4~6月期が同1.6%増と、ほぼ横ばいで推移している状況だ。



こんな記事も読まれています



コメントを残す