アップルペイ悪用商品詐取事件、逮捕の中国人2人を追送検、捜査終結 … – 産経ニュース

 米アップル社のiPhone(アイフォーン)向け電子決済サービス「アップルペイ」を悪用し、中国人らが商品をだまし取った事件で、大阪府警国際捜査課は13日、詐欺容疑で逮捕、起訴された中国籍の男2人について新たな詐欺容疑で追送検し、総額約1950万円の被害を裏付けて捜査を終結したと発表した。

 追送検されたのは、いずれも留学生で、大阪市平野区加美正覚寺の陳鋼被告(23)と、犯行当時19歳だった住居不定の元少年(20)。

 同課は2人が1~4月、大阪市と京都市の家電量販店などで、アップルペイや偽造クレジットカードなどを使い、腕時計やたばこなど約1万7500点を詐取したことを確認した。

 2人はネット上で知り合った人物から指示を受けて商品を購入し、関東地方などの指定先に送付。報酬として転売価格や商品価格の2~3%を受け取る約束をしていたという。

こんな記事も読まれています

コメントを残す