【ツイッター】「児童の性的搾取」で凍結されたロリペドアカウント、なんと38%が日本のものでした – エキサイトニュース

援助交際、ロリペドが「日本文化」であることが明確に示されました。詳細は以下から。

ツイッター・ジャパンは10月13日に公式ブログで「日本における児童の性的搾取へのTwitterの取り組みの新しいご報告」としたポストを掲載しました。
それによると、ツイッター社が2017年上半期に行った世界全体の児童の性的搾取に関するアカウントの凍結のうち、38%が日本所在のアカウントだったということ。そのうちの98%はTwitterが発見して凍結を行っています。これによってロリペドアカウントの活動時間は半減し、関連アカウントをフォローしている人の数も大幅に減らすことができたということ。
また、こうして凍結されたロリペドアカウントが再び新しいアカウントを取得してツイッターに舞い戻ることを防ぐための方策も進んでおり、この期間に凍結された日本のロリペドアカウントの50%以上は初ツイート以前に即凍結されており、いわば永久追放状態になっています。
ツイッターの全世界のユーザー数が3億1000万人(2017年1月時点)で日本のユーザー数が4000万人(2016年9月時点)であり、日本のユーザーの比率が約13%であることを考えると、児童の性的搾取に関するアカウントの凍結のうち38%が日本のユーザーという結果は驚くべきハイスコアと言うしかありません。
なお、ツイッター社は凍結した明確なロリペドアカウントの情報をNCMEC(全米行方不明/被搾取児童センター)のCyberTiplineに報告しており、NCMECは日本の法的機関を含めた世界各国の該当する法的機関にそのレポートを提出することができるとのこと。

こんな記事も読まれています

コメントを残す