「習近平氏に感謝を」 米バスケ選手帰国でトランプ米大統領 ツイッターでわざわざ要求 – 産経ニュース



 【ワシントン=加納宏幸】中国遠征中に万引の疑いで逮捕された米カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)のバスケットボールチームの選手3人が釈放されて帰国し、トランプ米大統領は16日のツイッターで選手に対し、中国の習近平国家主席に感謝の言葉を述べるよう求めた。トランプ氏は今月上旬の中国訪問中、習氏に対して迅速な事件解決を要請していたと伝えられている。

 3人は浙江省杭州市の高級店でサングラスなどを万引したとして、7日に中国当局により逮捕され、選手の1人がプロバスケットボールNBAの有名選手の弟だったこともあり米国で注目を集めた。帰国した選手たちは15日に大学で記者会見し、トランプ氏に対する謝意を表明していた。

 これに対し、トランプ氏は「釈放を可能にしてくれた習氏に対して、心から『ありがとう』と言うべきだ」とツイートした。トランプ氏は別のツイートで、選手たちが10年間、収監される可能性があったとして自らの成果を誇った。



こんな記事も読まれています



コメントを残す