【顔認証】大絶叫が止まらない! イケメンがド派手な美女メイクをしても認識するか検証した動画がかなり激しい – Pouch[ポーチ]



アメリカNY在住の若きメイクアップ・アーティスト、ジェームズ・チャールズ(James Charles)さんは、大人気の美容系ユーチューバー。2017年11月4日に公開されたのは、チャールズさんがiPhone Xに備わる顔認識機能「Face ID」に挑む動画です。

画面を顔にかざして見つめるだけで、瞬時にロックを解除。ユーザーの顔を素ばやく認識する「Face ID」は、スパイ映画さながらの仕様。ロック解除のほか、支払いの際やサインインなどでも使える、超ハイテクな新機能なんです。

「Face ID」は、一体どこまで “本人” だと判断してくれるのでしょう。強敵に挑むべくチャールズさんが武器にしたのはずばり、 “メイク技術”

【どんなに姿を変えても「本人」だと認識】

ベースメイクでほくろなどをすっかり消し去った顔に、ハイライトやシェーディングをくっきりと入れた顔。眉を描いた状態、さらにはドラァグ・クイーンばりのバッチリ長い “つけま” を付けた後の顔まで、しっかり “本人” と判断。

真っ青なリップをはみ出し気味に描いたときでさえも、あっさりロックを解除した「Face ID」に、チャールズさんは「ノー!」と大絶叫。あまりの優秀っぷりに、感嘆のため息が止まらない様子です。

【ヅラを3度変えてもダメでした】

ついにはブロンドヘアのカツラを装着。満を持して挑むもまたもやロック解除され、「オーマイガー!」と頭を抱えるチャールズさん。

その後カツラを2度チェンジするも、あえなく解除~! このように一連の流れを観ていると、人間の目には別人のように見えても「Face ID」はダマせない、ということがよくわかりますよねぇ。

【ロック解除できなかった唯一の手段とは】

しかし最後の最後、ついに望んでいた(?)「解除不能」という結果が出るのです。チャールズさんが取り出したのは、インスタグラムにアップしたセルフィー

「Face ID」にかざした写真に写るチャールズさんは素顔だったにもかかわらず、ロックが解除されなかったんですよね。

どんな容姿に変身しようともことごとく “本人判定” するのに、写真になると途端にそっぽを向く 「Face ID」。このセキュリティー機能は、相当期待できそうだわ……!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch



こんな記事も読まれています



コメントを残す