Android版GmailにGoogle Walletの送受金機能(まずは米国で)

 米Googleは3月14日(現地時間)、Android版Gmailアプリに決済機能を追加したと発表した。米国でのみ利用可能。

 例えば会費徴収や割り勘の飲み代支払いなどをGmailで行える。アプリの新規メール作成画面で添付アイコン(クリップアイコン)をタップし、「Send Money」(送金の場合)あるいは「Request Money」(徴収の場合)をタップし、表示される画面で金額を入力して送るだけ。

 gmail 1
Gmailアプリでの送金方法


 受け取ったユーザーは、数タップで自分の口座に入金できる。手数料は掛からない。

 gmail 2
受け取った金額を自分の口座に入金する


 この機能は「Google Wallet」との連係で実現している。Webブラウザ版のGmailでは、米英で2013年から使えている。

 コラボレーションツール内での決済サービスとしては、米Snapchatの「Snapcash」LINEの「LINE Pay」米FacebookのMessenger内決済サービスなどがある。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

こんな記事も読まれています

コメントを残す