ソニー、Google アシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」 – 価格.com




ソニー、Google アシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」

2017年10月26日 16:55掲載

ソニーは、Google アシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」を発表。12月9日より発売する。

同社として初となる、Google アシスタントを搭載したスマートスピーカー。Wi-Fiに接続し、「OK Google」とスピーカーに話しかけるとアシスタントが起動。声で指示するだけで、音楽再生や天気・ニュースなどの情報取得、対応機器のコントロールが可能だ。

音楽再生では、Google Play Musicなどの音楽ストリーミングサービスを通じて、好きなアーティストの特定の曲や、雰囲気や気分に合わせたプレイリストの音楽再生が行える。

対応機器との連携・コントロールでは、Works with Google アシスタントに対応した同社製の機器や他社の対応周辺機器・家電を「Google Home」アプリで連携させることで、声での操作が可能だ。

同社製品では、サウンドバー「HT-ST5000」や「HT-MT500」、ワイヤレススピーカー「SRS-ZR7」など、ホームネットワーク内のWorks with Google アシスタント対応オーディオ機器と連携すると、特定の機器から同じ音楽を同時に流すマルチルーム再生が行える。さらに、Android TV機能搭載ブラビアでは、声で検索したYouTubeの映像を流したり、再生中のYouTubeのコンテンツのボリュームを声でコントロールしたり、停止したりできる。

音響面では、部屋の全方向にバランス良く広がる360度サウンドを実現。家事をしながら部屋を動き回っても、どの方向からでも音楽やナレーションの音声をクリアに聞くことができる。

さらに、料理中などで手が濡れているときでも、本体に触れずにすぐ音楽の再生/一時停止や音量調節などの操作ができる「ジェスチャーコントロール」を搭載。加えて、JIS防水保護等級IPX3の防滴性能で、キッチンやダイニングなど水しぶきの飛ぶ場所においても使用することが可能だ。

このほか、本体表面に時刻を表示。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/nに対応。スマートフォンなどとのBluetooth接続が可能で、NFCによるワンタッチ接続をサポートする。

本体サイズは110(直径)×162(高さ)mm。重量は約750g。ボディカラーは、ブラック、ホワイト、ブルーの3色を用意する。

市場想定価格は25,000円前後(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

Bluetoothスピーカー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


こんな記事も読まれています



コメントを残す