【Google Playランキング(12/11)】「ダイの大冒険」コラボ開催の『星ドラ』が3位に 『DQMスーパーライト』や『オルサガ』も急上昇 – SocialGameInfo



12月11日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、1位がFGO PROJECTの『Fate/Grand Order』で、それを2位のミクシィ<2121>『モンスターストライク』が追う展開になっている。

その2タイトルに迫り、3位にランクインしているのが、スクウェア・エニックスの『星のドラゴンクエスト』だ。本作では「DRAGON QUEST-ダイの大冒険-」とのコラボイベントを復刻開催中。同コラボでは、「ダイの大冒険コラボふくびき」や「DRAGON QUEST—ダイの大冒険—」のストーリーをなぞりながら進んでいくダンジョンなどが行われている。また、12月9日には「ダイの大冒険」主人公の武器「ダイの剣」と、コラボを記念した特別なそうびである「竜の騎士そうび」が”錬金”でパワーアップできるようになるなど、ゲーム内が盛り上がりをみせ、トップ3入りを果たしている。

【関連記事】
スクエニ、『星のドラゴンクエスト』で「DRAGON QUEST-ダイの大冒険-」とのコラボイベントを復刻開催

 

出所:AppAnnie
 

その他、スクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』が55ランクアップで15位に急上昇している。『DQMスーパーライト』は、12月7日より、「クリスマスキャンペーン」を開始(関連記事)しており、その中で「ジェム割引キャンペーン」を実施していることや、魔王が必ず仲間になる「魔王確定ふくびきセット」を期間限定で販売(関連記事)していることなどが売り上げに貢献しているものと思われる。

 

出所:AppAnnie

 

エヴァンゲリオン」とのコラボレーションイベントを実施中のセガゲームス『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』も好調。本作では、12月11日14時59分まで、「第10の使徒」が登場するレイドイベント後半戦や、コラボ限定UR「カヲル」「アスカ」が登場する”【第二部】エヴァコラボガチャ”を開催しており、35位→20位まで上昇している。

​そのほか、『ONE PIECE トレジャークルーズ』や『A3!』などのタイトルもトップ30圏内に復帰している。

 

出所:AppAnnie

 

© 2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO
©SEGA / f4samurai



こんな記事も読まれています



コメントを残す