アリスマティック、新作『Chain Blood―かぞく婚―』をGoogle Playでリリース…BL専門ブランド「A×BL」&アエリアグループ入り後の第一弾タイトル – SocialGameInfo



アエリアグループのアリスマティックは、本日(6月21日)、『Chain Blood―かぞく婚―』をGoogle Playでリリースした。iOSアプリ版も近日中にリリースする予定だ。BL専門ブランド「A×BL」第一弾タイトルであるとともに、アエリアグループ入りしての第1弾でもある。

本作は、選択肢によって、主人公の受け攻めが変わる本格ストーリーが楽しめるBLゲーム。シナリオを読み進めながら、選択肢によって話が分岐するタイプで、1キャラにつき、4種類のエンディングが楽しめるという。またエンディングを迎えると、相手キャラの特別限定アバターが入手できる。今後、キャラクターの誕生日イベントや、期間限定音イベント、人気投票イベントなども行っていく予定だ。


 

▼ゲームあらすじ
亡くなった母親のかわりに、家族のために家事を引き受ける主人公。
忙しい毎日ながらも、大好きな家族と親友、理解のある教師に恵まれ幸せな日々を送っていた。

しかし、ある朝。主人公は信頼していた教師が惨殺された現場を目撃してしまう。

ショッキングな事件の後、主人公の身体を突如として強烈な疼きが襲う。

僕の身体、どうなっちゃったの……?

熱くなる身体に抗おうとする主人公。

そんな主人公に手を伸ばしたのは、大切な家族だった――!?

▼キャラクター紹介

○枇々木 宇宙(ひびき そら)※名前変更可

都内有数の名門学園に通う真面目で心優しい優等生。家族を何よりも大切に思っているため、家事のために部活などにも参加していない。キスは好きな人以外とはしてはいけないと考えている。

「皆が喜んでくれるのが、一番嬉しいから」

○枇々木 逸月(ひびき いつき)

主人公の双子の兄の1人。父の厳格な性格を受け継いだのか、寡黙で真面目な性格。他人に優しく、頼りになるため家族や友人からの信頼も厚い。合コンなどには滅多に参加しないが、女子にはモテる。

「困ったことがあったら、何でも言え」

○枇々木 陽輝(ひびき はるき)

主人公のもう1人の兄。逸月とは正反対の明るくノリの軽い性格。成績もよくスポーツ万能だが、貞操観念が非常に低い。主人公のことは、恋人のように可愛がっている。

「いってきますのチュー、して?」

○枇々木 地平(ひびき そうへい)

厳格な主人公の父。一部上場のIT企業を経営しており、冷静沈着で厳格な性格。息子の主人公でさえ近寄りがたいオーラを放っている。家族のために家事をしている主人公にはいつも感謝しており、他の兄弟と比べわずかに表情が柔らかくなる。

「私の前でふざけた真似はするな。不愉快だ」

○枇々木 湊人(ひびき みなと)

枇々木家の末弟。主人公の前では素直だが、他の家族の前では愛想が悪い。家の外では人懐こく、成績も優秀なため人気者。主人公のことが大好きで、それ以外の人間を虫以下の存在だとしか思っていない。

「ねー、ぼくといっしょに遊ぼ!」

○源 光騎(みなもと みつき)

主人公と同じ学園に通う同級生。周りを盛り上げるムードメーカーで、常に笑いを起こそうと張り切っている。いつも何かと主人公のことを気にかけていて、元気づけようとする。

「俺たち、ずっと前から親友だろ?」

 

 

■関連サイト

Google Play

公式サイト

公式Twitter

こんな記事も読まれています



コメントを残す