Google Play、300超のAndroidアプリを一斉削除。DDoS攻撃の踏み台、ランサムウェア化 – Engadget 日本版

 
Googleが、Google PlayからAndroid用アプリ300本を一斉に削除しました。理由は、スマートフォンを踏み台として特定のサービスへDDoS攻撃を仕掛けるマルウェアWireXに利用されていたため。WireXはランサムウェアとして動作するケースも確認されています。

WireXの活動が確認され始めたのは8月2日ごろとされ8月17日には複数のコンテンツプロバイダーや配信網のサービスを使えなくするに至りました。コンテンツ配信網のひとつAkamaiは、攻撃に利用されている端末の1つを特定し、問題解決のために複数の同業他社およびGoogleと連携し、問題に対処しました。

またGoogleはアプリストアのGoogle Playを精査し、ファイルマネージャーアプリや着メロ編集アプリなどおよそ300本がWireXが仕込まれているのを確認。すべてをストアから削除しました。

Googleの声明によると、Google Playでの対処だけでなく、すでにスマートフォンにインストールされているWireX感染アプリについても、デバイスから削除するアクションを起こしているとのこと。ただ問題のあるアプリはすでに100か国以上の7万台を超えるAndroidデバイスに拡散してしまっているため、すべての削除が完了するにはそれなりの期間がかかる見通し。

問題のアプリのなかには、スマートフォンをロックして身代金を要求するランサムウェアとして動作するものも報告されていることから、Androidユーザーは用心のためインストールしているアプリが今もGoogle Playで配布されているか、確認しておくほうが良いかもしれません。

こんな記事も読まれています

コメントを残す