Google、eスポーツライブストリーミング「Chushou(触手)」の1.2億米ドルのシリーズDをリード——中国スタートアップ向け出資で2例目 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)



ホーム >
Google、eスポーツライブストリーミング「Chushou(触手)」の1.2億米ドルのシリーズDをリード——中国スタートアップ向け出資で2例目

Chushou(触手)

サーチエンジン最大手の Google が、中国のライブストリーミングモバイルゲームスタートアップ Chushou(触手) の1億2,000万米ドルのシリーズ D ラウンドをリードした。

既存投資家である Qiming Venture(啟明創投)、Xiaomi(小米)の設立者 Jun Lei(雷軍)氏率いる Shunwei Capital(順為資本)、Alpha X Capital(沸点資本)も投資に参加した。

Google が中国のスタートアップに出資するのはこれが2度目。前回2015年には、北京に拠点を置く AI スタートアップ Mobvoi(羽扇智)に資金を投じている。

Google は Chushou への出資を足掛かりに、現在 Google 検索エンジンがブロックされている中国への進出を狙っている。ロイター通信によると、海外視聴者をターゲットにしたサービス拡大などの分野で Chushou を支援するものと見られる。

Google の北アジア地域企業開発のトップ、Frank Lin 氏は次のように語った。

Chushou は、急速に増加する熱狂的なコンテンツクリエイターと視聴者というユーザベースと共に優れたプラットフォームを構築しました。また同時に、先見性のある拡大計画を持っています。今回の出資を通じて Chushou の計画実現を後押しすることで、世界の多くの人々に素晴らしいモバイルゲームコンテンツを届けられることを期待しています。

2015年設立の Chushou は、モバイルゲームのライブストリーミングを可能にする e スポーツプラットフォームだ。同社によると、現在ストリーマーは約800万人、1日あたり25万回のライブストリーミングが行われているという。

ライブストリームゲーミングプラットフォームは、中国において e スポーツの人気形態だ。eスポーツとは、観客が見守る中でゲーマーたちが競い合うジャンルで、目下急成長中の新興業界である。2015年には、Google の YouTube がライブストリーミングゲーマー向けのサービスを開始し、現在この分野の世界マーケットで大きなシェアを占めている。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

———-[AD]———-

こちらもおすすめ

こんな記事も読まれています





コメントを残す