ジーユー IoT活用した新型店舗を展開へ – NHK

ファーストリテイリングが運営する衣料品チェーンの「ジーユー」はモノとインターネットをつなげるいわゆる「IoT」を活用した新型の店舗を展開していくことになりました。

ユニクロより低価格でいわゆるファストファッションを扱うジーユーは横浜市に15日、新型の店舗をオープンさせます。

この店舗ではすべての商品に無線機能のある電子タグを取り付けていて、レジにはいわゆるセルフレジが本格的に導入されています。会計は原則として10台のセルフレジで客がみずから行うようになっていて、レジに買い物かごを入れると、電子タグから商品の情報を自動的に読み取って、現金やクレジットカードで支払いを済ませることができます。

また電子タグを活用して、客が商品についてのさまざまな情報を得ることができる新たな仕掛けも取り入れられています。店内は通路を広くとり、ショッピングカートを使いやすい配置になっていて、カートに取りつけられたタブレット端末に商品をかざすと、色やサイズの情報のほか先に購入した客の評価や感想などが表示されます。
店内に設置された鏡では例えばシャツをかざすと、鏡の一部がモニターとなって上着やズボンなどとのおすすめのコーディネートが映し出されるようになっています。
会社では、こうした最新の技術を活用したサービスを通じて、買い物の新たな楽しさを感じてもらい、売り上げの拡大につなげたい狙いがあります。

ジーユーの柚木治社長は「IoTの活用により、客が手に取った商品など店頭での商品の動きが電子タグのデータから見えてくるので、商品開発にもいかしていきたい」と述べ、今後こうしたIoTを活用した店舗を増やしていく方針です。

こんな記事も読まれています

コメントを残す