長島鋳物、IoTでマンホール蓋生産を効率化 – 日本経済新聞

 マンホール蓋製造の長島鋳物(埼玉県川口市)は、約10億円を投じて久喜市にある工場設備を刷新した。一部工程を自動化したほか、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術を取り入れ、一日の生産能力を3割増強。業務効率を高めたことで多品種少量生産に対応できるようになり、老朽化したマンホール蓋の交換需要を取り込む考えだ。

 マンホール蓋の製造ではまず、デザインの基になる木型を生産ラインにセットし、木型に…

こんな記事も読まれています

コメントを残す