【セキュリティ ニュース】日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を … – Security NEXT



日立システムズは、IoT機器を対象としたサイバー攻撃を組込ソフトで検知し、管理者へ通知するサービスを提供する。

20170330_hs_001.jpg
サービスイメージ(画像:日立システムズ)

同サービスは、遠隔操作や乗っ取りなど、インターネットに接続されたLinuxベースのIoT機器に対するサイバー攻撃を検知するソリューション。IoT機器向けの組込ソフトと、同ソフトが検知した攻撃を遠隔監視するサービスで構成される。

IoT機器メーカーでは、製造段階で機器にソフトを組み込み、同ソフトが検知したサイバー攻撃を同社のセキュリティオペレーションセンターが検知。機器の管理者へ通知する。

組み込みソフトは、6月よりIoT機器メーカー向けに提供開始する予定。同社では、2019年までにIoT機器10万台への導入を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT – 2017/03/30 )

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR


関連記事

NRIセキュア、「IoT」向けのセキュリティコンサルサービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
NEC、「セキュリティ経営ガイドライン」踏まえたコンサルサービス
組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 – ポリシーで動作を限定
ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール – LAN接続だけで利用可能
DNPら、セキュアチップを活用した金融機関向け遠隔保守サービス
サイバートラストら、電子署名で真偽確認できる「トラステッドビーコン」
シマンテック、自動車のCANにおける異常通信を検知するソフト
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス



こんな記事も読まれています



コメントを残す