日立金属がIoTで費用200億円削減 生産効率化、3年で :日本経済新聞 – 日本経済新聞



 日立金属はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を活用して工場で効率的に生産管理する体制を整え、金属材料や磁石などの製造費用を減らす。製造工程のデータ収集や見える化、ビッグデータ解析を通じてモノづくりの無駄を省き、2019年3月期まで3年間の累計で200億円の費用を削減する。

 従来は4部門それぞれで業務を効率化してきたが、17年3月期から全社で横ぐしを通して連携する体制に変えた。3年かけて…

こんな記事も読まれています



コメントを残す