スマートファクトリ―!現場・IoTの流れ、特に通信からみての考察 ーIoTConference2017 レポート⑦ – IoTNEWS (プレスリリース)



IoTConfence2017 Optex 中村氏

2017年7月7日(金)、大崎ブライトコアホールにて、IoTNEWSが主催する「IoTConference2017 スマートファクトリーの今と未来」が開催された。

レポートの第七弾は、オプテックス株式会社戦略本部開発センター センター長 中村 明彦 氏の講演内容をレポートしていく。

オプテックスは、滋賀県大津市に本社を置くセンサ機器メーカーだ。工場用途では、防犯用のセンサを手掛けていて、東南アジアの工場などでは、高度なセキュリティを保つため、人でなく、機械で行いたいという要求があるということだ。

また、オプテックスグループでは、FA機器を専門に扱っている会社が、2社あり、1つが「オプテックス・エフエー株式会社」で、もう1つが、「シーシーエス株式会社」だという。

オプテックス・エフエー株式会社は、今まではセンサ単体に特化して、センサ自体の性能を上げるような方針で事業を進め来たという。しかし、最近では、「FASTUS」というFAセンサに新しい価値をプラスした新たな製品ブランドを展開し始めた。今後は基本的に自社製品は「FASTUS」ブランドで展開していく構えだ。

また、1989年に世界No.1の産業機器メーカーであるドイツのSICK AG社と合弁会社「ジック・オプテックス」を設立して以来、四半世紀にわたり数々の製品を共同開発してきたという。

また、オプテックス・エフエーは、三菱電機とも協業し、iQSS (iQ Sensor Solution)でセンサの見える化を行ったという。

三菱電機製PLCとのCC-Link通信を実現して、最近ではEthernetにも対応して来ているという。

もう一つのFA企業となるシーシーエス株式会社は、昨年からオプテックスのグループ会社となり、主に製造業向けにLED検査用照明に関する事業を行っているという。

工場で何かを生産する場合、必ず「検査」という工程が含まれる。LED検査用照明とは、検査対象物を照明で照らし、カメラで撮影、画像処理することで、良品かどうかの判断を行うものだという。

ここで、もともとの映像が綺麗にとれないと、その後画像処理を行っても、検査用の画像の精度としては低くなるため、照明を上手く点灯させることで、「検査」という目的に合致した精度の高い画像が取れるための支援をしているというのだ。

最近では、単純にLED検査用照明のレンズ、カメラなどといった部品単体での性能の問題でなく、客先で実際に、どんな製品に、どのように使われるのかがわからないと、上手く照明のチューニングが出来ないことがあると言う。

中村氏は、こうした、全体のシステムを把握した上で、デバイスを作る、「トータルソリューション提案」が非常に重要になってきていると述べた。

IoTで必要なネットワーク変換

コイズミ照明株式会社をはじめとする各社と協力し、EnOcean、BACnet、DILI、Lonworksの技術を使い、オープンで作った分散コントロールネットワークの事例を紹介したが、これはビルメンテナンスの事例で、この例からわかることとしては、「単純にスイッチを押して、照明を光らせるだけでも、マルチベンダーの機器が使われており、あちらこちらでプロトコル変換だらけ」の状態であるということだと述べた。

つまり、単純にモノをインターネットにつなぐといっても、様々な現状あるプロトコルをつないでいかなければならず、用途に応じて成長してきたプロトコルを完全に一つに束ねることが困難で、プロトコルを変換するような仕組みは今後も残るだろうと中村氏はいう。

こいった考え方を推進する中で、最近リリースして話題になった製品として、FTLINKという製品が紹介された。

装置とセンサの間は、各社オリジナルのプロトコルで通信していて、例えば、ハネウェル製のコントロールパネルに、センサをつなげようと思った場合、ハネウェルのプロトコルに合わせた通信方式でないといけない。そこで、こういった複数のプロトコルに対応して作りこんだセンサがアワードを受賞した「FITLINK」なのだだという。

シンプルなとこからスマート化

制御の世界は歴史が長く、様々な通信手段が存在し、それらを全て一掃して新しいものにするのは難しい。そこで、視点を変えたところからスマート化することが必要であると中村氏はいう。

オプテックスでは、FAの部分でなく、情報ネットワークの部分で、今までのセンサ技術と絡めてスマート化することを考えているという。特に「ラインの情報系」、「設備・ファシリティ」面から、あるいは工場にいる人の働き方からアプローチをしているということだ。



次ページは、オプテックスの提供するIoTプラットフォーム、オプテックス・センサ・コネクトやSIGFOXへの対応などを紹介

こんな記事も読まれています



コメントを残す