なぜPCゲーム市場が盛り上がっているのか ただ遊ぶだけじゃないカルチャーな世界に迫る



アスキー的パソコン大解剖


 PCゲーム販売プラットフォーム『Steam』の隆盛によるPCゲーム市場の拡大、魅力的な大型タイトルのリリースなど、近年はゲーム業界が大いに盛り上がっている。それに伴って認知度を高めているのが、PCを使ったゲームの録画・配信や、ゲーム開始からクリアーまでの実時間を競うRTA(リアルタイムアタック)など、単純なプレイに留まらないゲームの楽しみ方だ。さらに、ゲームタイトルと実店舗のコラボレーション、LANパーティーといったオフラインイベントも盛んで、ゲームを楽しもうとするカルチャーはますます多様化していると言えるだろう。

 この特集では、そのように近年流行している、あるいは流行の兆しにある代表的なPCゲーム関連カルチャーを紹介する。まだまだ「あまりピンと来ない」という人も多いだろうが、こうしたカルチャーを知る、あるいは実際に試してみることで、今よりもっとゲームを楽しむきっかけになるかもしれない。

動画サイトの常連人気コンテンツ! ゲーム録画・配信

ゲーム配信に特化したプラットフォーム『Twitch』。ゲームごとにタイトルがまとまっており、視聴者も多い

同じくゲーム配信に特化した『Mixer(旧Beam)』。配信の遅延を極端に抑えることが可能で、視聴者と配信者がリアルタイムでコミュニケーションを取るのに向いている

 今やゲームと切っても切り離せないのが、『録画・配信』。対戦ゲームの試合を録画して自分の動きをチェックする、スーパープレイを録画して仲間にシェアするといった使い方はもちろん、リアルタイムでゲームをプレイしながらコメントを入れていく、いわゆるゲーム実況動画も大きな人気を獲得している。いずれも実施するだけであればPCのみ、もしくはちょっとした周辺機器を用意すれば可能なため、興味があるならとりあえず試してみるのをすすめたい。

ゲーム録画はGPUの標準ソフトウェア利用が便利

NVIDIAの『GeForce Experience』。GeForceシリーズのGPUを利用しているPCなら無料で使える

AMDの『Radeon設定』。こちらはRadeonシリーズのGPUを利用しているPCで使える

 PCで単純にゲームを録画するのであれば、NVIDIAの『GeForce』シリーズやAMDの『Radeon』シリーズで利用できる無料ソフトウェアを利用するのがもっとも簡単だ。そもそもゲーミングPCであればどちらかを採用している場合がほとんどだと思うので、実質追加コストなしで利用できるのはありがたいポイントだろう。






こんな記事も読まれています



コメントを残す