NAS向けHDD「Deskstar NAS」シリーズに10TBが追加



HGST「0S04037」

2017年09月12日 23時33分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 NAS向けのHGST製3.5インチSATA HDD「Deskstar NAS」シリーズから、容量10TBモデル「0S04037」が登場した。単体モデルのほか、2台、4台のセットモデルも同時に発売されている。



AS向けのHGST製3.5インチSATA HDD「Deskstar NAS」シリーズに加わった容量10TBモデル「0S04037」

 「0S04037」は、、回転数7200rpmのNAS向けHDD。高精度の回転振動センサーを内蔵することで、365日24時間の運用とした耐久性と信頼性を実現したのが特徴。インターフェースはSATA3.0(6Gbps)、内部転送速度最大240MB/s、キャッシュ容量は128MBで、MTBF(平均故障間隔)は100万時間だ。

採用ドライブは「HDN721010ALE604ALE604」。耐久性と信頼性を実現したのが特徴の製品

 ラインナップおよび価格は、単体の10TB「0S04005」が4万3502円、2台セット「0S04037-2」が8万6184円、4台セット「0S04037-4」が17万2368円。なお、採用ドライブは「HDN721010ALE604ALE604」となる。



RAID構成に最適といたう2台セット「0S04037-2」や4台セット「0S04037-4」

 販売しているのはパソコンショップアークとドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ




こんな記事も読まれています



コメントを残す