iPhone X、10年目の勝負機種に透けるアップルの不安



創業者スティーブ・ジョブズ氏が最後に自ら手掛けた新本社オフィスでのiPhone発表会は、10年目にして異例の2世代同時発表となった Photo:VCG/gettyimages

「スティーブ(・ジョブズ)はきっと誇らしく思っているはずだ」──。ティム・クックCEOは、そう感慨深げに口にした。

 発売から10年目となるiPhoneの最新製品が、米アップルの新本社内にできた「スティーブ・ジョブズ・シアター」で発表された。3世代目となるアップルウォッチや4K対応のアップルTVなどの新製品と並んでお披露目されたのが、iPhone 8、そしてiPhone Xの二つのiPhoneだった。iPhoneの新製品発表会で、2世代同時にモノが出るのは、これが初めてだ。

 現行のiPhone 7のバージョンアップ版である8と、ホームボタンの廃止や全面ディスプレーの採用、顔認証によるロック解除など基本機能を大幅に変更したXが、9月と11月にそれぞれ発売されるという。Xと並べて販売される8は、新発売なのにXと比べると「型落ち」モデルとして店頭に並ぶことを余儀なくされる。従来の操作性を重視するユーザーと、最新型を求めるユーザーの両方に向けて新製品を用意した格好だ。

 売上高の65%がiPhoneで、いまや「スマートフォンメーカー」であるアップルだが、iPhoneの成長は落ちている。販売台数は2016年第2四半期から17年第1四半期まで前年同期割れ。今年も、第1、第3四半期にプラス、第2四半期にマイナス、と安定しない。「10年目」の節目の今回の新製品投入は、アップルにとっては勝負を懸けたものとなった。

“世界初技術”がないX

 といっても、Xには全く新しい技術が使われているわけではない。有機ELやホームボタンがない全面ディスプレーはライバルの韓国サムスン電子がすでに採用済みだし、顔認証技術がスマホに搭載されるのも初めてではない。何より、勝負商品でありながらも、従来型の8と併せて発売するところに、アップルの不安が透ける。

 新型iPhoneが売れるか売れないかは、同社に部品を供給している多くの日本企業の命運をも握る。数年来ディスプレー業界で話題となってきた、液晶から有機ELへの切り替えもXから始まる。ちなみにXでは、メーンの裏面のカメラが2台、フロントカメラも顔認証用のものなどが加わり、部品点数は大幅に増える。ソニーなどiPhone向けにCMOSセンサーを供給している部品メーカーにとっては福音だ。

 問題は果たして売れるか否か。最安でも999ドル(約11万円)というXの価格は、iPhone史上最高値となる。それに見合うだけの「スマートフォンの未来」(クックCEO)と呼べる製品だと、一般消費者も思うのか否か。ジョブズ氏が存命だったら本当に「誇らしく」思うだけの評価が得られるのか否か。

 全ての答えは11月に明らかになるだろう。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木洋子)

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら



カテゴリートップへ




こんな記事も読まれています



コメントを残す