SuperOから優れた耐久性を実現したB250マザーが登場



SuperO「C7B250-CB-ML」

2017年09月15日 23時56分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Super MicroのゲーミングブランドSuperOから、B250チップセットを搭載するLGA 1151対応マザーボード「C7B250-CB-ML」が登場した。



B250チップセットを搭載するLGA 1151対応マザーボード「C7B250-CB-ML」

 「C7B250-CB-ML」は、MicroATXフォームファクターを採用する、電源効率と耐久性を追求した常時稼働向けモデル。SuperOシリーズの従来モデル同様、サーバーグレードの高品質部品を採用。24時間365日稼働のような厳しい環境下においても、高いパフォーマンスと優れた耐久性を実現した。なお、対応CPUはTDP 65Wまでのモデルとなる。

サーバーグレードの高品質部品を採用し、24時間365日稼働のような厳しい環境下においても、高いパフォーマンスと優れた耐久性を実現する

 基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(エッジフリー)、PCI Express(3.0) x1×1(エッジフリー)。メモリーはDDR4 DIMM×4(DDR4-2400/2133、最大64GB)という構成。



対応CPUはTDP 65Wまでのモデルながら、「C7B250-CB-ML」と組み合わせるならちょうどいい

 オンボードデバイスはギガビットイーサネット(intel I219-LM)、サウンド(Realtek ALC888S)、M.2×1、SATA×6、USB 3.0×6、USB2.0×4を搭載。グラフィックス出力機能としてHDMI 1.4b×1、DVI-D×1、DisplayPort 1.2×1を装備する。

 価格は1万2398円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ




こんな記事も読まれています



コメントを残す