価格は約6.5万円! Seagateからも12TB HDDがデビュー!



Seagate「ST12000NM0007」

2017年09月16日 22時18分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Seagateから、Serial ATA対応の3.5インチHDDとしては最大容量となる12TBモデル「ST12000NM0007」が登場。パソコンショップアークで今日16日から販売中だ。


Serial ATA対応の3.5インチHDDとしては最大容量となる12TBモデル「ST12000NM0007」

 「ST12000NM0007」は、エンタープライズ向けHDD「Enterprise Capacity 3.5 HDD」シリーズの製品。Serial ATA対応の3.5インチHDDとして初の12TBモデル「HUH721212ALE600」が、先週HGSTから登場しているが、ヘリウムを充填することで大容量を実現している点は同じ。



初の12TBモデルとなったHGST「HUH721212ALE600」よりも安い価格6万4584円での登場となった

 主なスペックは、インターフェースはSATA3.0(6Gbps)、回転数は7200rpm、バッファ容量は256MB、最大内部転送速度は261MB/s、動作時消費電力はアイドル時5.0W、動作時平均7.8W。

 価格は6万4584円。先日の「HUH721212ALE600」は、約7万5000円なので1万円ほど安い。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ




こんな記事も読まれています



コメントを残す