ドライバーの“運転集中度”AIで判断 「見守り車載センサー」オムロンが開発



ニュース

» 2017年09月27日 17時43分 公開



オムロンは、車のドライバーが運転に集中できる状態かを、カメラ映像と人工知能(AI)を使って判断する「ドライバー見守り車載センサー」を開発した。



 オムロンは9月27日、車のドライバーが運転に集中できる状態かを、カメラ映像と人工知能(AI)を使って判断する「ドライバー見守り車載センサー」を開発したと発表した。2020年までに発売される自動車への採用を目指す。

画像

 ドライバーの表情や動作をカメラで動画撮影し、人工知能(AI)で解析。(1)ドライバーが運行の状況を注視しているか、(2)ドライバーがどれだけ早く運転に復帰できるか、(3)ドライバーが運転席に座っているか――を判断する。

 独自の顔画像センシング技術「OKAO vision」に時系列ディープラーニング技術を適用させることで、顔情報を細部まで取得し、認識の精度を大幅に向上させた。マスクやサングラスを着用していても、眼の開閉や視線、顔の向きを判断できるという。

 ドライバー見守り車載センサーと、心電・脈波を測る生体センサーをさまざまな車に搭載し、運転中のドライバーのデータを収集する実証実験を、名古屋大学などと共同で進めている。収集した実走行データはさらなる技術開発に活用する。

 10月3日に開幕する「CEATEC JAPAN 2017」(千葉・幕張メッセ)で、「ドライバー見守り車載センサー」を用いたデモンストレーションを行う。

画像


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ”; // html += ”; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i

こんな記事も読まれています





コメントを残す