iPhone Xを買いたくない理由



 2017年も例年のようにiPhoneの新機種が発表された。

 ただ、iPhone 8/8 PlusとiPhone X(テン)という仕様の大きく異なる2機種を同時に発表し、時期を1カ月以上ずらして発売するのは異例の事態だ。

写真●iPhone X

出所:米アップル、以下同じ

[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 8/8 Plusの販売は9月22日に始まっており、iPhone Xは11月3日の発売予定である。iPhone 8/8 Plusの出だしはこれまでになく低調だという。

 iPhone Xを待ってiPhone 8/8 Plusの買い控えが起こっていると見る向きもあるが、iPhone Xは高額なうえに初期ロットは少ないためiPhone 8/8 Plusの売れ行きにはあまり影響しないとの見方もある。

 いずれにしても、新iPhoneを買うべきなのかどうか、あるいはもし買うならどちらか、逡巡している人はまだ多いのかもしれない。

iPhone Xを購入するが5人、購入しないが3人

 新iPhone発表に合わせて、個人的に買うかどうかも含め、新iPhoneをどう評価するのか、特集「『iPhone X』は買いか?」でITpro縁のライターにそれぞれの見解を寄稿してもらった。

 ライター各氏の見解から、新iPhoneを買うべきか、買うならどちらかをあらためて探ってみよう。

 この特集には、8人の方に寄稿いただいた(今後追加される可能性もあるが)。うち、5人がiPhone Xを購入すると答えた。3人は購入しない、あるいは購入しない方向で検討中という意見だった。

 新しい情報に興味を持って追い続けるのがライターやジャーナリストなので、購入するとの回答が多いのは理解できる。ただ、それでも買わないとの回答がそれなりの割合になったのは、iPhone Xには購入を思いとどまらせる何かがあるのだろうか。

 それらの理由について個別に見ていこう。

評価の高い顔認証「Face ID」

 iPhone Xでは全面ディスプレイの採用に伴い、ホームボタンを廃止した。同時に指紋認証のTouch IDも無くしてしまったわけだが、それに代わる認証手段として顔認証の「Face ID」を新たに搭載した。

写真●Face IDを使っている様子

[画像のクリックで拡大表示]

 このFace IDに一目ぼれしてiPhone Xを買うと決めたのはITジャーナリストの山崎潤一郎氏だ。発表イベントでアップル幹部のクレイグ・フェデリギ氏が披露したデモを見て、「あまりにも美しくも優雅なロック解除」と評した。

 実用上の利便性からFace IDを評価するのはライター/システムエンジニアの伊藤朝輝氏。常用しているパスワード管理アプリ「1Password」やアプリ切り替えの操作が快適になりそうだという。



こんな記事も読まれています



コメントを残す