ミドルレンジの最新ソニースマホ「Xperia XA1 Plus」が5万円

2017年10月13日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

 安価ながらバランスのいい性能をもつ、ソニーモバイルのミドルレンジスマートフォン「Xperia XA1 Plus」が入荷。イオシス アキバ中央通店にて、店頭価格4万9800円で販売中だ。


5万円切りで購入できる、ソニーXperiaのミドルレンジモデル「Xperia XA1 Plus」が店頭に登場した

 ソニーが「IFA 2017」で発表した、最新世代のミドルレンジスマートフォンが店頭初登場。このクラスでは珍しい5.5型サイズのディスプレーを搭載、オクタコアCPUや4GBメモリー、2300万画素のカメラを搭載するなど、コストパフォーマンスに優れている。高性能な低価格スマートフォンが好きな人にとっては、魅力十分な端末だ。

 主な仕様は、ディスプレーがフルHD対応の5.5型液晶、プロセッサーはMediaTek Helio P20、メモリー4GB、ストレージ32GBなど。OSはAndroid 7.1で、将来的な8.0へのアップデートもアナウンスされている。



コスパ良好なモデルで、5.5型のフルHD液晶や4GBメモリー、高性能カメラを搭載。このクラスでは珍しく、指紋認証にも対応している

 カメラは2300万画素のメインカメラと、800万画素のインカメラを装備。防水・防塵には非対応ながら、指紋認証センサー、急速充電(Pump Express Plus 2.0)対応の3430mAhバッテリーなどを内蔵している。

 なお、入荷したのはnanoSIM×2のデュアルSIM版で、独立したmicroSDスロット(最大256GB)も備える。通信方式は、FDD-LTEバンド1/3/5/7/8/28、TDD-LTEバンド38/39/40/41など。カラバリは全4色が販売中だ。



コネクターはType-Cを搭載。カラバリは、ブラックとブルー、ピンク、ゴールドの4色だ

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


こんな記事も読まれています

コメントを残す