異次元高!?–デフレ脱却期待と業績期待のコンボ相場

今日のポイント

  1. 日経平均は、1996年12月以来、約21年ぶり高値に上昇。米国発のリフレトレードを発端に、業績期待とアベノミクス継続期待が加わった。IMFは日米の成長率見通しを上方修正
  2. 国内株式は本格的な「デフレ脱却相場」へ移行する可能性。円安が続けば、日経平均は年度内(2018年3月まで)に「バブル崩壊後戻り高値(2万2666円)」を目指す動きも

 これら2点について楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

米国発の「リフレトレード」が世界株高の発端に

 今週も、米国市場で主要株価指数が最高値を更新するなど世界的な株高が続いている。日経平均は、2015年6月につけたアベノミクス相場の高値(2万868円)を上回り、約21年ぶりとなる水準まで上昇。トランプ大統領が9月27日に(減税規模で約30年ぶりとなる)税制改革案を公表したことで、「リフレトレードの復活」が世界同時株高を後押した。

 「リフレトレード」とは、成長率見通しやインフレ(物価上昇率)が停滞している中、景気対策が成長率、財政赤字、インフレ見通しを引き上げ、長期金利上昇、株高、ドル高を誘う現象を言う。

 実際、日本市場と米国市場では、「経済サプライズ指数」(Economic Surprise Index)と「期待インフレ率」(Break Even Rate)がともに上昇傾向となっている(図表1)。

 これは、「債券から株式への資金シフト」を促す現象である。国内の衆議院選挙(10月22日投開票)に向けては、「与党が300議席に迫る勢い」(10月12日付「日本経済新聞」)という報道もあり、アベノミクスの継続期待が高まっている。国内株式は、高値圏で一段高を目指す動きが期待できそうだ。

図表1:日米の「経済サプライズ指数」と「期待インフレ率」


出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017年10月12日)

こんな記事も読まれています

コメントを残す