ソニーと東大、「人間拡張学」本格化 AI・IoTで能力拡大



 ソニーと東京大学は3月13日、“人間と一体化して能力を拡張させる”テクノロジーの開発に取り組む「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」の講座を4月から3年間にわたって東大大学院情報学環で実施すると発表した。

photo


 ヒューマンオーグメンテーションは、暦本純一さん(東大大学院情報学環教授/ソニーコンピュータサイエンス研究所副所長)が提唱するコンセプト。

 人間とテクノロジー、AI(人工知能)が一体化し、時間や空間の制約を超えて相互に能力を強化しあう「IoA」(Internet of Abilities:能力のインターネット)の研究を体系化、学問として講座を行うという。

 拡張する能力は「知覚」「認知」「身体」「存在感」「身体システム(健康)」と幅広く、暦本さんはこれまでに視線を認識するウェアラブルコンピュータやドローン、ロボットによる体外離脱視点を活用した身体的なトレーニング、ウェアラブルセンサーやネットワークを活用して他の人間と体験や感覚を共有する仕組みなどの研究に取り組んできた。

 ソニーは、「AIやロボティクス・IoTなどが進展するなか、ヒューマンオーグメンテーション学という新たな学問領域を開拓していくことを通じて、産業界と教育界を活性化させ、未来を創る人材の育成と強化につなげていくことが狙い」とコメントしている。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

こんな記事も読まれています



コメントを残す