アジアのAWSユーザーがつながった「AWS Community Day APAC」



韓国で開催されたイベントの模様をJAWS-UG青森の立花拓也がレポート

2017年11月13日 08時00分更新

文● 立花拓也(ヘプタゴン) 写真●赤塚誠二(サーバーワークス)

アジアのAWSユーザーグループが一同に介する「AWS Community Day APAC 2017」および「APAC Community Leaders Meetup」が9月21日~23日に韓国で開催された。イベントに参加してきたヘプタゴンの立花拓也がイベントの模様をお伝えする。

アジア8カ国からAWSユーザーグループのオーガナイザーが集まった

7ヶ国のユーザーグループが韓国に集合!

 ここ一年ほどJAWS-UGではAWSサムライに選ばれた赤塚誠二さんが中心となって海外のUGとの交流を活発に行なってきた。昨年は、韓国のユーザーグループ(AWSKRUG)とソウルでミートアップを共同開催し、シンガポールや北京でのユーザーグループのイベントに参加している。また、JAWS DAYSやAWS Summit Tokyoへもたくさんのユーザーグループの仲間が来てくれた。

■関連記事

 その中でたくさんの刺激や学びを得ることができ、もっとたくさんの国のユーザーグループと交流したいという思いから、今年はAPACでの合同イベントにチャレンジしようという流れとなった。今年の7月頃からAPAC各国のユーザーグループのオーガナイザーがオンラインで準備を始め、9月20日に初めてAWS Community Day APACを開催できた。韓国で行なわれたイベントには日本、韓国、上海、フィリピン、シンガポール、ベトナム、タイの7カ国のユーザーグループのオーガナイザーたちが韓国に集まった。

 最初の出番はAWS Community Day APACと同時に開催されていたAWS DevDayのキーノート。今回のイベントの立役者であるAWS KoreaのエバンジェリストChanny Yunさんからの紹介を受け、参加者全員で壇上へ。APACのユーザーグループが一堂に会した歴史的な瞬間となった。

DevDayのキーノートでの様子

 そしてAWS Community Day APAC 2017はスタートした。以下、各国のセッションの模様をお伝えする。

1万3000人の登録者を数える韓国の「AWSKRUG」は支部も増加中

 イベントは、今回のホスト国となった韓国のユーザーグループからAWS Community HeroのSanguk ParkさんによるKRUGの現状についてのセッションから始まった。2012年から活動が始まったKRUGは現在では韓国でもっとも大きなITコミュニティの一つに成長し、Facebookグループはなんと1万3000人以上の登録者がいるという。

Welcome to APAC Community DaySanguk Park, Co-leader of AWSKRUG, AWS Community Hero, KOREA

 特にここ一年で日本と同じように地域や専門分野ごとに支部を結成され、現在はソウル近郊を中心に約10の支部が活動している。中には学生向けの支部もあり、学生が複数人でチームを結成してサービスを開発し、ユーザーグループのメンバーがメンターとして各チームにAWSについての指導を行なっているとのこと。学生のうちにクラウドを触れるなんてうらましい限りだ。

3人の参加者からスタートしたベトナムはUGも急成長

 続いて登壇したのは、ベトナムのユーザーグループのオーガナイザーを務めるHồ Việt Anhさんだ。ベトナムのユーザーグループは結成されてからまだ一年足らずの比較的新しいユーザーグループだ。

AWS Vietnam Community Hồ Việt Anh, AWS-VN Usergroup, CEO of Osam.io, VIETNAM

 Anhさんは、シンガポールのユーザーグループイベントに参加して刺激を受け、自分の国でもユーザーグループを広めたいとイベントを一人で準備し、開催をしたそう。しかし、初回のイベントの参加者はたったの3名だった。

 そこで諦めなかったAnhさんは、まずは運営を手伝ってくれるメンバーを集めるところから再スタート。10人ほどの運営チームを結成し、企画や告知などの準備を重ねて、二回目以降のイベントは62人、80人、300人と着実に参加者を増やしている。さらに、オフラインの勉強会以外にも、大学への出張講義やAWS関連情報のベトナム語への翻訳など非常に精力的に活動している印象を受けた。






こんな記事も読まれています



コメントを残す