Amazonに返品する方法!可能な条件や送料・返金は



Amazonで返品するには?

1

 

Amazonで購入する機会が増えるほど、「これ返品できないかな?」と思う機会も増えていきます。不良品いった正当な返品理由はもちろんのこと、買ってみたら思っていた感じと違っていた、サイズが合わなかったという理由で返品したくなることもあります。今後も安心してAmazonで買い物をするために、返品についての様々なルールや手順を知っておきましょう。

<目次>

Amazon.co.jpが発送する商品かどうか

まず前提として、Amazonの商品にはAmazon.co.jpが発送する商品と出品者が発送する商品(Amazonマーケットプレイス)があります。つまり、Amazon.co.jpが販売者である場合と、Amazonを販売ツールとして利用する業者が販売者である場合とがあるということです。返品条件はそれによって変わる場合があるので注意が必要です。ただし、Amazonマーケットプレイスの出品者の多くはAmazon.co.jp と同等の返品条件を設定しているので、以下ではAmazon.co.jpが発送する商品という前提で返品条件や方法を記載します。

出品者から購入した商品の返品条件は、出品者のプロフィールページの「返品および返金について」から確認できます。

返品期限について

商品が到着後30日以内に商品を返品する必要があります。30日を過ぎると返金額が20%減額されるので、返品はなるべく迅速に行うように心がけましょう。

う

商品を選択すると返送までの期限が表示される

返品理由・条件と返金規定

返品理由は大きく分けてユーザー都合によるものとトラブル・不具合によるものとがあります。

■ユーザー都合の返品

間違えて購入した、購入した後で必要なくなったなどのユーザー都合の場合でも返品は可能です。ただし、開封状態によって以下のように返金額が変わります。
未使用かつ未開封の場合:商品代金(税込)を全額返金

開封済みの場合:商品代金(税込)の50%を返金


(開封状態にかかわらず配送料・手数料およびギフトラッピング料は返金されない)

■トラブルや不具合による返品

注文したものと違う商品が届いた、破損していたなどの販売者側のミスによる返品ももちろん可能です。

(商品代金(税込)、配送料・手数料およびギフトラッピング料を全額返金または同一商品と交換)

Amazonファッションは返品無料

上記に開封済みの場合は50%を返金とありますが、Amazonファッションで購入した商品については、試着した商品を返品した場合でも、配送料・手数料およびギフトラッピング料を除いた商品代金(税込)および国内返送料が返金されます。

ファッション関連の商品は自宅での試着を前提としているため、似合わなかった、サイズが合わなかったなどといった自己都合でも問題なく返品が可能ということです。ただし、商品タグをつけたままにしておかないと返品は受け付けられません。また、たばこの臭いがついたり、破損してしまうと返品不可になるので注意しましょう。

s

Amazonファッションは試着を前提にしている

■返品できない商品
全ての商品を返品できるわけではありません。以下の消耗品はユーザー都合で返品することはできません。

  • 雑誌
  • 食品・飲料・お酒
  • ドラッグストア・ビューティー
  • ペット用品
  • 植物
  • カー・バイク用品

また、以下のようなデジタルコンテンツや換金性のある商品はいかなる理由でも返品できません。

  • デジタルミュージック、ゲーム&PCソフトダウンロード商品、Androidアプリストアから購入した商品
  • Amazonギフト券
  • イベントチケットやプリペイド式商品
     

返品方法

商品を返品するプロセスは以下のようになります。
1.トップページの「注文履歴」を選択

2.注文履歴の返品したい商品の欄の「商品の返品」を選択

3.返品する理由を選択し、コメントを記入

4.返品か交換かを選択

プリンターを使う場合

5.返品用ラベルを印刷

返品用ラベルには返品先住所と返品受付IDとが記載されています。

6.返品商品を梱包

ラベルを切り分け、住所部分を梱包箱の外側に貼りつけ、ID部分は梱包箱内に同梱します。

プリンターを使わない場合

5.以下の返品に必要な情報を用意

  • 「sp」で始まる番号が付いているバーコード
    (商品の外装に貼られている場合)
  • 返品受付IDを自身で記載したメモ
    (手続きを完了すると表示されるバーコードの番号)
  • 届け時の梱包に貼られている送り状ラベル
    (バーコードやお問い合わせ伝票番号が印刷されたもの)
  • 届け時に同梱されていた納品書
    (一部商品のみに同梱)

6.返品商品を梱包
上記の返品情報を同梱し、通常の配送伝票に返送先住所を記載します。(返送先住所は「返送用ラベルと返送用手順を表示」を押すと表示される)

7.コンビニ等へ持ち込みまたは集荷を依頼

この際に送料を着払いにするか元払いにするかという問題があります。

着払いが可能なのは以下の場合です。

  • 買った商品に不具合・トラブルがあった場合
  • Amazon.co.jpファッションの商品(Amazon.co.jpが発送する商品)
  • Dash Buttonを使って注文した商品

これらの場合以外は元払いになります。
ただし、元払いで返送しても返送料を負担する必要がない場合には返送料は返金時に戻ってくるので、元払いか着払いかで迷った場合は元払いにしておけば問題はないと考えられます。

注意:箱を未開封の場合

返品はなるべく配送時の状態のままで行うのがベストです。上記の手順ではラベルやメモを同梱する必要があると記載しましたが、箱を開ける前に返品を決断した場合、わざわざ返品のために開梱する必要はありません。返送ラベル(ID部分)や必要情報は封筒に入れ、箱の外側に貼り付けておけば問題ありません。

返金について

返金

 


■返金状況の確認方法
以下の手順で返金状況を確認することができます。
1.アカウントサービスの「注文履歴」を選択
2.返品した商品の欄にある「返品状況を確認する」を選択

■返金までの日数

返金までの日数は返金方法によって変わります。

  • クレジットカード、携帯決済、または Amazon ギフト券 :1-3 日程度
  • 銀行振込: 1-2週間程度

(代金引換で支払いの場合、上記よりも時間がかかる場合あり)
返金処理が完了すると返金完了メールが送信されます。

注意:返金手続きに時間がかかったり、商品を送り返される場合

  • 選択した返品理由と合致しない状態で商品を返送した
  • 返品商品に関する正しい情報が不足している(返品受付ID等)
  • 返品手続きをした商品とは異なる商品を返送した
  • 返品手続きで指定された場所とは異なる返送先に返送した
  • 返品した商品の一部が不足している

カスタマーサービスについて

返品の可否や手順等について質問したい場合に、24時間対応のカスタマーサービスを利用することができます。

トップ画面のヘルプ→「トピックから探す」のお問い合わせ→カスタマーサービスに連絡

この手順で表示される問い合わせフォームを以下のように入力します。

1.問い合わせの種類を選択する

2.問い合わせ内容を選択

3.問い合わせ方法をEメール、電話、またはチャットから選択

返品を前提とした利用も可能に

Amazonでは不具合による返品はもちろんのこと、ユーザー側のミスによる返品も可能になっています。特にファッション関連の商品はユーザー側が損をすることなく返品が可能なため、実物を見ずに購入することをためらっていた人も安心して購入することができます。商品購入で失敗してしまったという人は、まずはこのように返品を検討してみてください。



こんな記事も読まれています



コメントを残す