人事の相性をデータ化するサービスが部署新設に対応



勘と経験のチームづくりから転換

2017年11月13日 16時30分更新

文● 天野透/ASCII

 Meta Anchorは11月13日、既存社員の適性診断データ化サービス「INOBER」に、採用以外の人事業務にも活用できる新機能を追加したと発表した。

 チームのバランスが重要となる事業部の新設や、素早く市場を開拓できるアグレッシブな組織が求められる新規営業拠点など、部署に求められる特徴をメンバーのシミュレーションによってアシスト。経営者や人事担当の経験と勘に頼ってきた従来の組織作りや社員の部署異動を、適性検査のデータに基づいたものへ転換できるという。

 新チームのメンバーは複数の部署にまたいでの所属が可能で、現在の所属部署を変更することなく新しい部署へのひも付けができるとしている。



こんな記事も読まれています



コメントを残す