バタフライ・チルドレンに希望、遺伝子療法で皮膚の8割を再生



皮膚の遺伝性疾患である「表皮水疱症」は凄まじい疼痛を伴い、死に至る難病だ。ドイツの病院が表皮水疱症の7歳の患者に対して、体外で遺伝子修正した皮膚を成長させ、患部に移植する遺伝子療法を実施した。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】



こんな記事も読まれています



コメントを残す