ゲートがない改札口、三菱電機が試作 「残額不足」は床が赤色に



ニュース

» 2017年11月20日 17時30分 公開



ゲートがない駅の改札口のコンセプトを、三菱電機が開発した。交通系ICカードを携帯したユーザーが通れる場合は床が青く、通れない場合は赤く光る。



 三菱電機は11月20日、ゲートがない駅の改札口のコンセプトを「第5回鉄道技術展2017」(11月29日〜12月1日、幕張メッセ)に出展すると発表した。交通系ICカードを携帯したユーザーが通過できる場合は床面のLEDライトが青く、残額不足だと赤く光る。車いすのユーザーなどが通りやすくなる。

photo

 ユーザーがICカードの入った専用のパスケースを持っている想定。改札通過時、パスケースに内蔵した端末がICカード情報を読み取り、床面に埋め込んだ別の端末に送信して残額をチェックするという。通過可否に応じて床面が青・赤に光り、通過する方向も示す。

 駅構内や車両内のカメラで、改札を通過したユーザーの位置を追跡。車いすのユーザーや、改札を不正通過した人の居場所を、駅員に知らせる仕組みを備える。

photo

 大きな手荷物を持った人、車いすやベビーカーを利用している人が、ICカードをかざしたり、狭いゲートを通り抜けたりする負担を軽減する狙い。2025年度以降の実用化を目指している。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i

こんな記事も読まれています





コメントを残す