KDDIが「au HOME」を拡充、冬モデル4機種も発表(ニュース)



 KDDIは2017年11月21日、都内で新製品発表会を開催し、スマートホーム製品「au HOME」のサービス拡充や、他業種コラボ、冬モデルの新端末を発表した(写真1)。

写真1●KDDIが「au HOME」発表会を開催

(撮影:山口 健太、以下同じ)

[画像のクリックで拡大表示]

au HOMEで「ちょっと心地いい暮らし」を実現

 発表会にはKDDI 執行役員常務 商品・CS統括本部長の山本泰英氏が登壇(写真2)。au HOMEについて、「誰でも手軽に始められるホームIoTとして7月31日に提供開始した。月額490円という低価格でいくつものデバイスを使える上に、駆けつけサービスのココセコムも利用できる。目指しているのは『ちょっと心地いい暮らし』だ」と紹介した。

写真2●KDDI 執行役員常務 商品・CS統括本部長の山本泰英氏

[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIがホームIoTを手がける背景については、「これまでauのスマホは人と人をつないできた。これからは人と家をスマホでつなぎたい。家の情報をスマホに、あるいはスマホを持つ人の行動を家に教えるという、双方向のコミュニケーションを実現したい」(山本氏)と説明した。

 具体例としては、「スマホの目覚ましを設定すると、朝起きると同時にカーテンを開き、音楽をかけるといった連動ができる。子どもが家に帰ってくる前に照明をつけ、部屋を暖めておくこともできる」(山本氏)と利用シーンを挙げた。

 新しいau HOMEデバイスとしては、「スマートプラグ01」と「赤外線リモコン01」の2機種を発表した。スマートプラグは消費電力を測定する機能を備えており、「auでんき」と組み合わせることで電気消費量の推移をスマホアプリで表示できるという(写真3)。11月28日に5500円(税別)で発売する。



写真3●スマートプラグ01

[画像のクリックで拡大表示]

こんな記事も読まれています



コメントを残す