助け求める人はどこ? ドローンが“耳を澄まして”検出 東工大など新技術



ニュース

» 2017年12月07日 14時57分 公開



災害現場などで、ドローンに搭載したマイクを使って助けを求める人の声を検出し、居場所を特定する技術を、東京工業大学や熊本大学らのグループが開発した。



 災害現場などで助けを求める人の声を、ドローンに搭載したマイクを使って検出し、居場所を特定する技術を、東京工業大学や熊本大学らのグループが開発したと12月7日に発表した。カメラが使えない夜間などでも、ドローンを使った救助が可能になるとしている。研究は、内閣府が主導する革新的研究開発推進プログラム「ImPACT」の一環。

画像
構築したマイクロホンアレイ


画像
マイクロホンアレイを搭載したドローン

 これまでドローンを使って要救助者を発見する際は、カメラを使うケースがほとんどで、夜間や暗所などカメラが使えない状況では利用できなかった、また、ドローンはプロペラや風による騒音が大きく、地上から呼ぶ人の声を聞くことは困難だった。

 今回の研究では、複数のマイクで構成する「マイクロホンアレイ」を用いたロボット聴覚のオープンソースソフト「HARK」を応用。騒音下でも音の方向を推定する技術を開発した。また、16個のマイクをまとめ、ケーブル1本でドローンに接続できる全天候型マイクロホンアレイを開発。雨天の要救助者捜索も可能にした。

 音がどこから到来するのかを推定する三次元音源位置推定技術と、音源を地図に表示する技術も開発。ドローンを操作する人に分かりやすく音源を可視化できるようにした。

画像
土管の中の要救助者を、声から発見している様子

 今後、ドローンだけでなくさまざまな救助資機材にこの技術が搭載されれば、大規模な災害などでの人命救助実績につながるとしている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’000000016415d712′, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20171129_fd49554_3.html’ // renderTemplateUrl:’/test/kegoto/cxense/fd49554/rendertemplate.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4);

こんな記事も読まれています





コメントを残す