CS利用の高高度無人航空機の通信実験、地上通信不可でもドローン飛行実現へ(ニュース)



 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とスカパーJSATは2017年12月7日、通信衛星と目視外ドローンをつなぐ中継基地として導入を想定している高高度無人航空機の飛行・通信実験を実施したと発表した。

 実験は、2017年11月27日から12月1日に福島市のふくしまスカイパークで実施した。内容は、「高高度環境下における発電量計算のためのデータ取得」と「高高度無人航空機と地上移動局間の無線機器同士の通信品質データ取得」である。東海大学が所有しているソーラー飛行機のSunFalcon2を用いて実施した。

図1●実施した飛行・通信実験のイメージと実験内容

(発表資料から)

[画像のクリックで拡大表示]

 実験の結果、目的としていた各種データを取得することに成功し、通信衛星や高高度無人航空機を用いることで目視外のエリアにおいても通信環境を構築できる可能性を確認できたという。NEDOとスカパーJSATは、この実験で得られた知見やデータを、新規開発する高高度無人航空機の設計や、無人航空機搭載用無線機器の設計に反映していく方針。

図2●高高度無人航空機の性能と開発機の目標

(発表資料から)

[画像のクリックで拡大表示]

 NEDOとスカパーJSATは、災害現場や地上通信が未整備な地帯でも小型で安価なドローンの目視外飛行が可能な運航管理システムの実現を目指す。加えて、新たな利用領域の開拓とマーケットの拡大を図っていく。

図3●システムの完成イメージ

(発表資料から)

[画像のクリックで拡大表示]

 目視外飛行は現状、飛行ルートの途中でドローンを監視する補助者が必要で、飛行前は国土交通省の許可・承認を要する。政府では機体の性能や安全性の確保などの要件を定め、補助者がいなくても飛ばせるような環境整備を進めているという。

 なお今回の実験は、2017年11月22日にNEDOと福島県が締結した「福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定」の取り組みの一環。福島県庁および地元の福島森林管理署、福島北警察署、飯坂消防署の協力を得て、福島浜通りロボット実証区域を活用して、協定締結後の実証試験の第一弾として実施した。

[発表資料(PDFファイル)へ]



こんな記事も読まれています



コメントを残す