国内PC出荷台数、2017年Q3は前年同期比3.5%増で261万台–IDC Japan調べ



 IDC Japanは12月6日、日本国内におけるトラディショナルPC(デスクトップ、ポータブル、ワークステーション)市場の出荷実績値を発表した。2017年第3四半期(7月~9月)の国内出荷台数は、法人市場が前年同期比2.4%増の165万台、家庭市場が同5.5%増の96万台となり、合計で同3.5%増の261万台。5四半期連続で前年同期比増となった。

 法人市場は6四半期連続で前年同期比増となった。成長ペースが緩やかになっているものの、拡大が順調に続いていると分析する。同市場のプラス成長を支えている要因として、Windows XPサポート終了(2014年4月)前後に購入されたPCの買い替えが始まっていることや、Windows 7のサポート終了を見据えてWindows 10への移行が動き出していることなどを挙げている。家庭市場はアップルが牽引し、3四半期連続で高成長を見せている。

 出荷台数上位5社の中では、NECレノボグループのシェアが1年ぶりに25%台に戻った。アップルは市場全体の上位5社には入らないが、家庭市場において堅調でシェアは14.2%で2位となっている。




2017年第3四半期 国内トラディショナルPC出荷台数 トップ5社シェア(出典:IDC Japan)

  • NECレノボグループは法人市場で前年同期比1.4%増、家庭市場では同比13.6%増となり家庭市場の復調が目立った。全体では同5.5%増となり、久しぶりに市場平均成長率を上回った
  • 富士通は法人市場で同8.0%減、家庭市場では同11.2%減となり、全体では同8.8%減。法人市場、家庭市場ともに前年同期の出荷数の伸びが高く、今期はその反動でマイナス成長となった
  • 日本HPは法人市場で同7.7%増、家庭市場では同1.8%増、全体では同7.0%増。7四半期連続で法人市場、家庭市場とも前年同期比増を記録しており、市場シェアではデルと接戦を繰り広げている
  • デルは法人市場で同8.3%増、家庭市場では同0.9%増、全体では同6.0%増。2015年第4四半期から家庭市場で急速な伸びを示していたが今期は一段落した。
  • 東芝は法人市場で同0.3%増、家庭市場では同16.1%減となり、全体では同6.8%減となった

こんな記事も読まれています



コメントを残す