魅力は高いがリスクも高い大手総合商社の投資判断



今日のポイント

  1. 投資魅力は高いがリスクも高い大手総合商社株
  2. 商社株が割安に据え置かれる理由
  3. ビジネスモデルの改善とリスク管理の高度化を進めた総合商社
  4. 事業拡大に貪欲な総合商社

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

 原油、銅をはじめとする資源価格の反発が続き、世界中に原油、天然ガス、石炭、鉄鉱石、銅などの資源権益を有する大手総合商社に追い風となっている。今回は商社株の投資判断について解説する。

投資魅力は高いがリスクも高い大手総合商社株

 最初に結論を述べる。

  • 大手総合商社株は株価収益率(PER)、株価純資産倍率(PBR)などの株価指標から割安で配当利回りは高く、長期投資の魅力は高いと判断
  • 大手総合商社は資源価格や世界景気の影響を受ける「世界景気敏感株」。資源価格、世界景気の変動に伴って株価はこれからも乱高下が予想される
  • 分散投資の一環で商社株へ投資する価値はあるが、商社株ばかりたくさん保有すべきではない
  • 投資魅力が一番高いのは三菱商事(8058)、続いて伊藤忠(8001)、三井物産(8031)の投資価値が高いと判断。住友商事(8053)、丸紅(8002)はその次に投資価値が高いと判断

五大商社の株価バリュエーション:2017年12月6日


注:PERは株価を今期1株当たり利益(会社予想)で割って計算。
配当利回りは、今期1株当たり配当金(会社予想)を株価で割って計算。

商社株が割安に据え置かれる理由

 株価が割安ということは、投資家に人気がないということである。なぜ大手総合商社は投資家に人気がないのかを考えてみよう。

資源事業の比率が高いことが業績を不安定にする

 大手総合商社の利益に占める資源事業の比率の高さが、商社株の人気が低い原因の1つだ。最近、資源価格が全般に上がってきていて業績への追い風となっている。ただし、技術革新によって資源の供給が世界的に拡大した影響で、原油、石炭、天然ガスなどのエネルギー資源は構造的に供給過剰となっている。

 世界景気拡大の追い風で現在の資源価格は上昇基調だが、このまま上がり続けるとは考えられない。世界景気がダウントレンドに入ると、資源価格も再び下落するリスクがある。そうした不安が残るため、資源ビジネスで高い利益を上げていても、商社株は株式市場で高くは評価されなくなっている。

世界景気や世界中の地政学リスクの影響を受けやすい

 総合商社が新興国で積極的にビジネス展開していることは、世界景気が好調な今、業績への追い風となっている。ところが、世界の景気変動の影響を受けやすいことが、株価評価が高まらない要因ともなっている。

 世界景気は良くなったり悪くなったり循環するものだ。世界景気変動の影響を受けやすい商社株や自動車株は、足元の業績が好調でも株式市場での評価は高くなりにくくなっている。ITサービスや消費関連株のように景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ株の方が、株価バリュエーションで高く評価されるようになっている。

 ところで最近、世界中にきな臭い話が増えていることも気掛かりである。世界中でビジネスを展開する総合商社はさまざまなカントリーリスクを負っていて、地政学リスクにさらされていることも不安視されている。



こんな記事も読まれています



コメントを残す