「作らない」電池材料会社は スタートアップの墓場で 成功できるのか?



ガソリン車から電気自動車への移行や再生可能エネルギーの普及を追い風に、蓄電池産業は将来性が約束されているにも変わらず、多くのスタートアップ企業が倒産や事業撤退を余儀なくされてきた。90年代にソフトウェア業界で成功を収めたケナン・サヒンは、電池材料のスタートアップ企業を「作らない」戦略によって成功させようとしている。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】



こんな記事も読まれています



コメントを残す