「ご当地婚姻届」に若者注目、人気は出雲市で意外な効用も



所定の用紙に記入し、市区町村の役所や戸籍課に提出するだけという地味なイメージがあった婚姻届だが、最近では、デザインが豊富でカラフルな“オリジナル婚姻届”が人気だという。中でも話題を呼んでいるのが、全国の自治体と結婚情報誌『ゼクシィ』がコラボした「まちキュンご当地婚姻届」。結婚という人生の大イベントに彩りを添えている。(清談社 森 江利子)

デザイン豊富でカラフル!
眺めるだけで楽しい「ご当地婚姻届」

出雲市のご当地婚姻届を利用した、東京在住の池田さん夫妻。出雲を訪れたことはまだないと言うが、「憧れの地。生まれたばかりの息子がもう少し大きくなったら、家族で旅行に行きます」と話す

「まちキュンご当地婚姻届」は『ゼクシィ』と、全国の自治体がコラボするオリジナルの婚姻届。ご当地ならではの縁起物や文化をモチーフにした、個性豊かなデザインが特徴だ。

 インターネット上で無料ダウンロードし、全国どこの自治体でも提出が可能。現在コラボしている50自治体50種類(2017年10月時点)の中から、好きなデザインのものを利用することができる。

「婚姻届の提出は、夫婦で行う初イベント。そんなご夫婦の幸せの瞬間を応援できればという思いから『まちキュンご当地婚姻届』がスタートしました。最近では、フォトジェニックなご当地婚姻届とのツーショット写真を、SNS上にアップするご夫婦も多いですよ」

 こう話すのは、「まちキュンご当地婚姻届」を運営するリクルートブライダル総研の中山裕子さん。

「コンセプトは、日本全国に“結婚いいね!”の機運を醸成すること。コラボさせていただく自治体を公式サイトで募っているので、少子化対策で施策を打ちたい、地域全体で若者の結婚を応援したいと考える全国の自治体様からご相談を受けることが多いです」(中山さん)

 地域の特色をアピールするため、デザインにもこだわっている。

「モチーフの候補は、各自治体からご提案をいただいています。自治体によっては『コラボしたいけど、うちには何もないよ』とおっしゃられることもありますが、私たちも一緒に勉強させていただき、協働して一からデザインを練っていきます」(中山さん)

市外カップルの利用も多い
出雲市と苫小牧市

縁結びの神様として名高い出雲大社を擁する出雲市(島根県)のご当地婚姻届。縁起をかつぎたい全国のカップルから人気を集めている

 島根県出雲市の「まちキュンご当地婚姻届」は、「出雲神話」をモチーフにしたデザイン。出雲大社があり、“縁結びの街”として有名な出雲市の婚姻届は、縁起を担ぎたい全国のカップルから人気が高い。出雲市役所総合政策部の中筋隆仁さんによると、2014年~16年度末までに414件の提出があり、そのうち138件は出雲に本籍や住所がないカップルだったという(婚姻届は住所や本籍のある自治体以外に一時的な滞在地、つまり旅先でも提出可能)。

「県外から出雲で挙式をされたり、婚姻届出記念旅行に来雲されるカップルが増えています。ご当地婚姻届が、全国に向けて出雲の魅力を発信するきっかけになっていると思います。人生の節目において、出雲が“思い出の地”になれば」(中筋さん)

人口減と高齢化が著しい苫小牧市(北海道)では、ご当地婚姻届がUターンやIターンの推進に役立っているという

 また、「ご当地婚姻届は、地元出身者のUターンや、関心を持った方のIターンのきっかけに役立っているのではと思います」と語るのは、北海道・苫小牧市住民課の小林美紀さん。

 苫小牧市は、総人口が3年連続で前年割れし、高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)が26.57%に達する(16年現在)など、人口減や高齢化が著しいことが問題となっている。これを受けて、市は15年より地域結婚支援事業に着手しており、市内外の若いカップルに、苫小牧での結婚に前向きになってもらえるような施策を取っている。「まちキュンご当地婚姻届」とのコラボもその一環だ。

「婚姻届のデザインは、市のシンボルのハナショウブとハスカップをモチーフに、つがいのハクチョウでハートマークを表現。苫小牧らしさと、さりげない可愛さを盛り込みました。苫小牧市で結婚される方には、この地域で長く幸せに暮らしてほしいと願っています」(小林さん)

婚姻届がつなぐカップルと地方
「将来、家族旅行が楽しみ」

 14年のサービス開始以来、「まちキュンご当地婚姻届」の総ダウンロード数は増加している。東京在住の池田さん夫妻も、そのうちの1組だ。プロポーズの際に婚姻届を渡した夫の亮平さんは「普通の婚姻届を渡すのは味気ないな」と思い、ご当地婚姻届を利用したという。

「私たちは、出雲市のご当地婚姻届を利用しました。出雲市は、歴史好きの妻と“いつか行きたいね”と話していた土地なんです。プロポーズの結果は、神様の力で後押ししてもらったのかもしれません(笑)」(池田さん)

 婚姻届の提出は、奥さんの誕生日だったという。「役所の担当の方に、婚姻届のデザインを自慢した記憶があります」と、亮平さん。出雲市での挙式も考えたが、妊娠後期に入る奥さんの体調を考慮し、遠方になるため見送ったという。

「出雲市は、まだ実際に訪れたことはありませんが、遠く離れた憧れの地との距離をグッと近く感じられるようになりました。生まれたばかりの5ヵ月の息子がもう少し大きくなったら、家族で出雲に旅行に行きます」(亮平さん)

「ご当地婚姻届」には、このように利用を通じてカップルと地方をつなぐ効果もある。

 リクルートブライダル総研の中山さんは「誰にとっても、縁の深い地域があるはず。どんな2人の思いにもマッチするように、ご当地ならではの婚姻届を提供する地域を増やしていきたい」と言う。

 晩婚化・非婚化と、地方の衰退が社会問題となっているこの時代。カップルと地方自治体を同時に励まし、盛り上げ、そこに小さな相乗効果を生むことは「ご当地婚姻届」が持つ大きな可能性かもしれない。

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら



カテゴリートップへ




こんな記事も読まれています



コメントを残す