4つのAIで“利用者に寄り添う”対話ロボットへ 富士通が提供開始



ニュース

» 2017年12月12日 20時15分 公開



富士通が同社や協力企業のAI技術を「ロボットAIプラットフォーム」として体系化。ユニロボットのコミュニケーションロボット「unibo」と合わせて、企業へ提供する。


[村田朱梨,ITmedia]


 「他社との違いはロボット単体ではないこと」――富士通グローバルビジネス戦略本部の谷村勝博本部長は、12月12日の記者説明会でそう話した。同社はユニロボットが開発したコミュニケーションロボット「unibo」に同社の「ロボットAIプラットフォーム」を組み合わせ、ロボットサービス導入を検討している企業に提供する。

photo
コミュニケーションロボット「unibo」


photo
「ロボットAIプラットフォーム」

 uniboは顔の部分にディスプレイを搭載した小型のコミュニケーションロボット。頭部や腕を動かしたり表情を変えたりして感情を表現できる。右足のタッチセンサーに触れると発話内容やユーザーから聞き取った会話の内容を字幕表示することもできるという。

 「ロボットAIプラットフォーム」は、富士通が開発した自然対話基盤や感情認識基盤に、sMedioと共同開発した表情認識エンジン、パートナー企業であるイナゴの会話エンジン、Empathの音声感情分析エンジンといったAI技術を組み合わせ、クラウドで提供する。ロボットが会話の内容や利用者の表情や感情を分析し、「よりユーザーに寄り添った会話ができる」(同社)という。介護施設での高齢者とのコミュニケーション、信用金庫や銀行での接客、消灯時間後の病院での患者見守りなどの利用シーンを想定している。

photo
「ロボットAIプラットフォーム」に搭載する技術

 企業へuniboを提供する際には、「ロボットAIプラットフォーム 実証パック for unibo」としてこれを組み合わせる。価格は64万8000円(税別)で、企業は1年間uniboを実証利用できる。別料金で活用コンサルティングも行う。

photo
「ロボットAIプラットフォーム 実証パック for unibo」



photo
谷村本部長

 谷村本部長は「他社との一番の違いは、ロボット単体ではないこと」とし、「究極のIoTは“分散型のAI”だと思っている」と話す。今後富士通ではロボットをはじめとしたさまざまな端末と、それぞれのAI技術を上手く分散させることでスケーラビリティ(拡張性)の獲得を目指す。unibo以外のタブレットやスマートフォンなど、さまざまなデバイスと接続可能な「ロボットAIプラットフォーム 基本サービス for マルチデバイス」サービスなども順次提供予定とした。

 「それぞれのAIが対話しながら物事を進めていけるような形を目指したい。そこが他社との差異化になる」(谷村本部長)

photo
今後提供予定など


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’000000016415d712′, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20171129_fd49554_3.html’ // renderTemplateUrl:’/test/kegoto/cxense/fd49554/rendertemplate.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4);

こんな記事も読まれています





コメントを残す