サードウェーブデジノスからDVI端子×4を装備する4画面出力対応PCが登場



初心者向けやビジネスユース、クリエイター向けまで4モデルをラインアップ

2017年12月26日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

Magnateやraytrek、Diginnos Bizが採用するEM041ケース(MicroATX)

 サードウェーブデジノスは12月25日、Diginnos PCのラインナップに4つのDVI端子を備えた4画面出力対応モデルを追加した。

 入門機からクリエイター向けまで4モデルが用意され、いずれもグラフィックスカードとしてNVIDIA GeForce GT730を装備する。

Slim Magnateが採用するBL672スリムケース

 「Magnate MD-4D」はCore i3-7100搭載のミニタワーモデルで入門機にあたる。価格は9万1778円。「Slim Magnate MD-4D」はCore i3-7100搭載のスリムPCモデル。価格は8万6378円。

 「raytrek MD-4D」はCore i5-7500を搭載し120GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージ構成としたクリエイター向けミニタワーモデル。価格は10万7978円。「Diginnos Biz MD-4D」はCore i5-7400を搭載、OSにWindows 10 Proを採用したビジネス・マルチユースモデル。価格は9万7178円で、CPUにはCore i7も選択可能。

■関連サイト



カテゴリートップへ



こんな記事も読まれています



コメントを残す