ノートPC自作のイベントで新潟に行ったら雪に埋もれた



窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』
第63回

2018年01月10日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ


 さ、今シーズンも本格的な寒さが到来しています。早いもので、こちら(福岡)は、小雪がすでにちらつきました。そんな里帰り中のせれろんやまだです。

 少し前に、凍りついた北海道での自作PCイベントをお送りしましたが、実は凍りついたのは、この一度だけではありません。全国津々浦々、イベントあるところに必ずなんらかのトラブルあり。さすがに命の危機を感じたことはありませんが、それに近い危機は幾度となくありました。

 限られた人員、機材で、いかに多くの自作PCイベントをまわすか。PCメーカーだけでなく、代理店は意外と同じようなことを考えていました。そして、よくやっていたのが、数社協力しての合同イベント。お互い足りない部分を補完しあい、それぞれの得意分野を活かせるので、一時期勢力的に活動していました。

 そんなヤマダも、活動していた一人です。

 が、たまに勢力的にやりすぎて、後先考えないスケジュールになっちゃうんですよね……。その季節にそのスケジュール、そんな装備で大丈夫か!?!? 的な。

 今回は、全然大丈夫じゃなかったお話です。イベント終了後には、目の間に荒れ狂う日本海が広がっていました……。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!




この連載の記事

こんな記事も読まれています



コメントを残す