ハゲだって堂々歩きたい!絶望から立ち上がった女性漫画家の軌跡



頭髪がなくなれば、男性はもちろんのこと、女性ともなれば、さらに絶望は深い。帽子やカツラを被っても、「バレるのでは?」と恐れる日々。今回、そんな日々を経てハゲをカミングアウト、さらにハゲた仲間たちと「ハゲが大手を振って歩けるように」、と活動をしている女性漫画家・小豆だるまさんに取材をした。

ハゲを憂うことなかれ!
ハゲた人のための団体は増えている

 髪の薄い方、ハゲてしまった方への朗報!何とハゲた人のための団体が増えているのだ。

 例えば、創立29年になる「青森県ツル多はげます会」は有名だ。「ハゲ頭の光で世の中を明るく照らそう」というコンセプトのもと、毎年2回、春と秋にハゲ頭に吸盤をつけて綱引き大会等の催し物を行っている。また、大阪にある株式会社カルヴォは、「魅せるハゲ」をモットーにハゲの人に役立つ情報を発信している。

カツラを着用していない時の小豆さん。曰く、「ハゲであることをネタにしている芸人さんもいる。私はその女版のような存在になりたい。ハゲてる自分に誇りを持って楽しみましょう!」

 今回は東京都で活動する「ハゲかっこいいプロジェクト」を新たに発足した小豆だるまさんに取材をした。

 小豆さんは女性ギャグ漫画家だ。34歳で円形脱毛症になり、今ではすっかりハゲしまった。普段はカツラを使用している。そして自身の著書「打倒!円形脱毛症 私、ピカピカの1年生」「日々ズレズレ」でカツラ生活を面白おかしく書いている。

 そんな小豆さんが立ち上げた「ハゲかっこいいプロジェクト」とはいったいどんな団体なのだろう? 「ハゲは悪いことじゃない、ハゲはカッコ悪いことでもない、だからみんなで自由になって楽しいことをやってみようよ」――そんな思いから100人のハゲた人を集めて、「東京都内でフラッシュモブ(※)をしよう!」という壮大なプロジェクトを進行している。ハゲていない人でも、ハゲカツラをかぶることで参加可能とのことだ。

(※)SNSや口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って公共の場に集り、前触れなく突如としてパフォーマンスを行って周囲の関心を引き、その後、何事もなかったかのように解散する行為。

男性と女性とでは
ハゲの重みが違う

カツラ着用時の小豆さん。一見カツラとは全くわからない。しかしカツラ生活に慣れるまでは、「バレるのでは?」という恐怖に苛まれ、温泉にも行けないほどだったという

 まずは小豆さんに、円形脱毛症を発症した後の生活から訊いてみることにしよう。

「男性と女性ではハゲの重みが違うんです」と小豆さんは言う。確かに男性の場合は、開き直って坊主にすることに抵抗がない人も多い。また乱暴な言い方をすれば、男性のハゲは時として笑えるが、女性のハゲはなかなか笑えないのではないか?

 小豆さんは2010年、34歳で円形脱毛症を発症し、強いコンプレックスで悩み続け、引きこもりのような生活を送るようになってしまった。人付き合いも悪くなり、友達からの誘いも、嘘をついてでも断っていたという。とにかくハゲた自分を人に見られたくなかったのだ。

「円形脱毛症を絶対に治したい」。そのために、信用できる主治医の先生が見つかるまでは何度も病院を変え、漢方薬にも挑戦した。霊感占い師に髪の毛の行く末を占ってもらったこともあるという。

 ちなみに円形脱毛症の原因はストレスと言われることが多いのだが、実際にはそんなに単純な問題ではない。自己免疫疾患という病気で、体が異物を認識して排除する人間本来の機能が、髪の毛を「異物」として判断して排除してしまうことも、原因の1つだと言われている。

カツラがバレるという恐怖が
笑いのネタにもなった

 小豆さんはその後、円形脱毛症の症状が進み、帽子ではハゲを隠しきれなくなってカツラをかぶる生活になった。昔と違い、今ではカツラの種類はかなり豊富で、髪型のお洒落も楽しめるほどだ。しかしその「カツラ生活」に慣れるまでは大変だったそうだ。

「カツラをかぶることでかなり周りを意識してしまい、『ハゲであることが実はバレてるのではないか?』といつも心配する生活でした。大好きなダンスも諦め、温泉に行くことも諦めました。円形脱毛症が私から奪ったものは髪だけではありませんでした」。憂いを含んだ目で小豆さんは言う。

「けれども、そんな『カツラ生活での奮闘』が、今から考えると笑えるようなことも多かったのです。例えば某遊園地の絶叫マシーンに乗っても平気だったので、調子に乗って別の遊園地でも乗ったらカツラがずれたとか。また、カツラを被って携帯の顔認証に登録したら、カツラを取った姿ではロック解除をできないんですよ。歯科に行ったら、レントゲンで虫歯の前にハゲがバレるんじゃないかと怯えたり…。エピソードはたくさんあります(笑)」

もうコソコソ生きるのは止めた!
カミングアウトを決意

 発症から約2年、2012年に小豆さんは「打倒!円形脱毛症 私、ピカピカの1年生」を出版した。当時の心境を小豆さんが語ってくれた。

「もうハゲを隠してコソコソ生きたり、悩んだりするのを止めにしたい。なので出版することでカミングアウトしよう!そして堂々と生きよう!と思ったのです。主治医の先生は治療という形で世の中に自分の能力を提供している。私はギャグ漫画家として世の中に何を提供できているのだろう?ハゲを面白おかしく書いて、私のように悩んでいるハゲた人たちに元気を取り戻してほしい」

「ハゲかっこいいプロジェクト」のメンバーたちと。18年秋を目指して目下フラッシュモブの練習中だ

 そしてさらに小豆さんは、ハゲの社会的地位向上を目指した音楽バンド「BOZESTYLE」と、ボールドヘアの女性の美を引き出すプロジェクトを進行している団体「ASP」と一緒に17年、新団体「ハゲかっこいいプロジェクト」を発足した。髪がないことがハンディキャップにならない社会を目指し、定期的に「ハゲた人の面白イベント」を行っていく団体だ。

 そしてこの団体としての最初のイベントが前述したフラッシュモブだ。これは小豆さんがイギリスで脱毛症団体の人たちがフラッシュモブを行った映像を見て、大きく感動したことがきっかけだという。

「年に1度、『ハゲ独立記念日』を作り、ハゲ祭りを盛大に行いたい!代々木公園等で練習や撮影は随時行っているので気軽に声をかけてください」。小豆さんは力強く言ってくれた。

 特に昔の日本では「ハゲはダメなもの」として恥じ入る文化があった。女性であればなおさら、その気持ちは強くなるだろう。しかし時代は変わりつつある。こういった「ハゲしい団体」の活躍、そして実際にイベントに参加することにより1人でも多くのハゲに悩む人が希望を取り戻し、大手を振って歩いてほしい。

「『ハゲていない人(有毛者)が、ハゲている人を羨ましがるような世の中になること』を願って」(小豆さん)。

(ジャイアント佐藤/5時から作家塾(R))

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら



カテゴリートップへ




こんな記事も読まれています



コメントを残す