トラックの隊列走行、高速道路で実験 2022年に“無人”で商業化へ



ニュース

» 2018年01月12日 16時15分 公開



新東名高速道路で、トラックを隊列走行させる実証実験が始まる。まず有人トラックでスタートし、将来は無人化する考え。



 国土交通省と経済産業省は1月12日、高速道路上でトラックを隊列走行させる実証実験を23日から行うと発表した。有人のトラックが隊列走行した場合、周辺車両からどのように認識されるかなど影響を検証。結果を踏まえ、無人トラックによる実験を始め、早ければ22年に商業化する計画だ。

photo
実験車両の外観

 日本国内のトラックメーカー4社が協力し、静岡県の新東名高速道路浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間で行う。先行するトラックの制御情報を後続車が受信し、加速や減速を自動で行い、車間距離を一定に保つ機能(CACC)を使う。長距離走行するドライバーの疲労軽減が期待できるという。

photo
CACCの仕組み

 トラックドライバーの高齢化が進み、人材確保が難しくなる中、隊列走行による省力化は注目を集めている。国交省は、車間距離が短くなることで空気抵抗が減少し、燃費が改善する効果も見込めるとしている。


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:adid, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:render } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);

こんな記事も読まれています





コメントを残す