天気予報の「手話CG」、データを基に自動生成 NHKが開発

 NHKは2月20日、気象庁が発表するデータに基づき、天気予報を表す手話をCGで自動生成する技術を開発したと発表した。作成した手話CGはWebサイトに公開し、表現が自然かどうかなど意見を求めている。

photo


 手話通訳士が、さまざまな天気や温度を「手指の動き」や「表情」で表す様子をモーションキャプチャー技術で記録し、基本動作のCGをあらかじめ作成。気象庁が発表するデータに応じ基本動作のCGを組み合わせ、動画を自動生成する仕組みだ。

photo


 作成した動画は、NHKのWebサイトで1日3回(午前5時、午前11時、午後5時)配信し、表現が分かりやすいか、自然かどうか、ユーザーに意見を求める。提供する天気情報は、東京、さいたま、横浜、千葉、水戸、宇都宮、前橋の7都市のもの。

 今後、対象地域を拡大するほか、緊急時の警報などを表す手話CGの提供も検討。「障害者や高齢者に分かりやすい情報を伝える『人に優しい放送技術』の研究を進める」としている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

こんな記事も読まれています

コメントを残す