中古iPhone・Androidの平均価格を毎月発表 中古スマホの業界団体が発足

 中古スマートフォン端末を扱う8社がこのほど、中古モバイル端末の普及と健全化を目指す団体「リユースモバイル・ジャパン」(RMJ)を設立した。iPhoneやAndroid価格などのデータを集計した平均買い取り価格を毎月Webサイトで発表する。

画像
公式サイトより


 8社は、携帯市場、ゲオ、TSUTAYA、ブックオフコーポレーション、エコケー、日本テレホン、ネオリア、パシフィックネット。正会員や賛助会員も募集している。

 大手キャリアの携帯電話料金が高止まりする中、中古のスマートフォンの端末は、低廉なモバイルサービス利用手段として注目を集めている。一方で、行政との意見公開の受け皿となる団体がないことや、通信の利用制限がかかったまま流通する中古端末「赤ロム」の問題などの課題が顕在化してきた。

 8社は、行政と継続的に意見交換を行うほか、スマートフォンの買い取り価格を集計した「平均買い取り価格」を、4月からWebサイトを通じて公表し、買い取り市場の公正性・透明性を消費者に伝えていく。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

こんな記事も読まれています

コメントを残す