NVIDIA、「Parker」搭載の「Jetson TX2」を599ドルで発売へ



 米NVIDIAは3月7日(現地時間)、オンボードコンピュータ「Jetson TX2」と開発キット「JetPack 3.0 AI SDK」を発表した。まずは欧米で「Jetson TX2 Developer Kit」の予約受付を開始した。価格は599ドルで、出荷は3月14日からの見込み。

 jetson 1
「Jetson TX2」


 搭載するSoCは先代の「Jeton TX1」の「Tegra X1」の後継になる「Parker」。このSoCは、ARM v8アーキテクチャの「Denver 2.0」を2基と、ARM Cortex-A57ベースの4コアCPU、Pascal世代の256コアGPUで構成される。

 TX1より2倍高速で、電力消費は大幅に削減したという。用途としては、ドローン、ロボット、スマートカメラ他、様々な組み込み端末向けのAIプラットフォームとしている。先代より高性能になり、「エッジコンピューティング」向けの設計になっている。

 TX2は既に幾つかの企業で採用されており、例えば米Cisco Systemsはコラボレーションツールの「Spark」での顔/音声認識用AI機能で活用しているという。

 TX1との比較表(以下に転載)で分かるように、メモリやストレージも倍増し、ボードサイズは変わらない。



 jetson 2
TX1とTX2の比較表


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

こんな記事も読まれています



コメントを残す