ビューアソフトで建築積算の確認作業を効率化–人的ミスも防止



 積算企業体(東京都中央区)は、建築積算を専門とする企業。設計図書をもとに工事に必要な内訳数量書の作成や工事費の見積もりを行っている。

 積算結果によって工事の受注可否や施工時の建築コストが影響を受けるため多重のチェックが必要だ。しかし、作業のほとんどが手作業のため、業務効率化と人的ミスの防止が課題となっていた。

 この業務課題を解決するため、積算企業体はビューアソフト「Brava Desktop」を建築積算の確認作業に導入した。画面上で図面を計測できる点、その結果を集計できる点、設計変更などの変更点を画面上で確認できる点を評価した。

 これにより、1つの案件に掛かる作業工数を大きく減らし、数量以外の部材仕様や単価の確認に、より多くの時間を割けるようになったとしている。

 Brava Desktopは、CAD図面、TIFF、画像、PDF、Officeなどの形式のファイルを表示、印刷、マークアップ、マスキングできる。それぞれの専用アプリケーションを必要としない。ファイル形式を変換したり、ファイルを比較表示したりする機能を備えており、表示した図面の長さや面積の画面上での計測や複数レイヤの切り替え表示などもできる。



こんな記事も読まれています



コメントを残す