NECプラットフォームズ、11ac無線LANルーター「Aterm」の低価格モデル(ニュース)



 NECプラットフォームズは2017年6月1日、IEEE 802.11ac対応無線LANルーターの2ストリームの標準モデル「Aterm WG1200HS2」および普及モデル「Aterm WF1200CR」を6月8日に発売すると発表した。価格はオープン。

出所:NECプラットフォームズ

[画像のクリックで拡大表示]

 4月に発売した高機能モデル「Aterm WG1200HP2」から「バンドステアリング」「オートチャネルセレクト」機能を省いて低価格化した。通信速度はいずれも5GHz帯は867Mbps、2.4GHz帯は300Mbps。

 WG1200HS2は、スマートフォンなどの無線LAN端末の位置を検知し、それに向けて集中して電波を送信する「ビームフォーミング」機能、複数の無線LAN端末と同時通信を可能にした「MU-MIMO」といった通信を安定化させる機能を搭載。さらに無線LANの見える化や不正アクセスの検知が可能な「見えて安心ネット」に対応した。

 有線LANはギガビットイーサネットに対応し、WANポートを1個、LANポートを3個備える。本体寸法は幅33×奥行き97×高さ146mm、重さは約0.2kg。予想実勢価格(税別)は7500円前後。

 WF1200CRは、ビームフォーミングのみに機能を絞ったモデル。有線LANは100メガビットイーサネット対応で、WANポートとLANポートを各1個ずつ備える。本体寸法は幅41×奥行き108.5×高さ110mm、重さは約0.2kg。予想実勢価格は4500円前後。

Aterm WG1200HS2の製品情報
Aterm WF1200CRの製品情報
NECプラットフォームズのWebサイト

こんな記事も読まれています



コメントを残す