Excelの表・グラフをWordに貼る3つの方法



Excelの表を貼り付けよう
Excelの表を貼り付けよう

せっかくExcelでは表ができているのにWordの文書に、再度、表を作成して写しているということ、ありませんか?または、コピーアンドペーストで作成しているというかたでも貼り付け方法が3通りあることをご存知でしょうか。単に貼り付けると、変更があった時には打ち直しとなりますが、変更にも強い方法もあるのです。それぞれの違いを詳しくご説明しますので使い分けてください。


【INDEX】
1ページ・コピー、貼り付けの方法
2ページ・・コピー、オブジェクトとして貼り付け
3ページ・・コピー、リンク貼り付け

コピー、貼り付け

Excelで表やグラフが作ってあるなら、それを使わないのはもったいないです。一番基本的な、コピーアンドペースト(コピー、貼り付け)の方法からご説明します。

※この方法では、Wordの表は編集できますが、グラフは編集できませんしExcelの元データも変更されません。

1)Wordの文書を作成したら、表やグラフを入れる場所にカーソルを点滅させます。


2)Excelのブックを開き、表とグラフの部分を範囲選択し、中で右クリックし、[コピー]をクリックします。(コピーボタンなど、他の方法もあります)

3)タスクバーのWord文書をクリックし開きます。カーソルの場所で右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

4)WordにExcelで作成した表とグラフが貼りつきました。

【注意】

もし、データに変更があった場合は、Wordの書類の表のデータを入力し直すことができますが、合計欄や、グラフは更新されません。変更することがあるなら、次の方法がいいですよ。

次のページでは、コピー後オブジェクトとして貼り付ける方法をご紹介します⇒

こんな記事も読まれています



コメントを残す