Excelテーブル(リスト)の「集計機能」の使い方



リスト機能ってなんだろう?」では、リスト機能の概略と設定方法について紹介しました。ここでは、そのリスト機能の基本をおさらいしてから、リスト機能が持つ集計機能について紹介します(「リスト機能」は、Excel2007以降では「テーブル機能」という名称に変わっています。記事内ではExcel2007以降の操作方法も解説しています)。

リストの基本的な機能

リスト機能ってなんだろう?」でも簡単に紹介しましたが、セル範囲をリストとして設定すると、見出し部分に「▼」ボタンが表示され、並べ替え機能やオートフィルタ機能を実行することができます。このボタンは、オートフィルタを設定したときに表示される「▼」ボタンと同じものです。

Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面

この基本機能だけを見ると、オートフィルタと違いがないように感じますが、決定的に違うのは、「リスト範囲の自動拡張」機能です。

リストに新しいデータを追加しよう

試しに、新しいデータをリストに追加してみましょう。

まず、リスト範囲内をクリックします。すると、左端のセルに「*」が表示された行が、最終行の1行下に表れます。

この行内の任意の列にデータを入力すると、リスト範囲が自動拡張されて、リスト範囲内に新しい行を追加することができます。

集計行を表示してみよう

リストには、集計機能が備わっています。リスト内を選択して、「データ」メニュー→「リスト」→「集計行」をクリックしてみましょう。


Excel2007以降では、テーブル内を選択してから、[デザイン]タブをクリックし、「集計行」にチェックを入れます。
Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面

すると、左端のセルに「集計」と表示された行が追加されます。この行内で、集計したい列のセルを選択すると、「▼」ボタンが表示されます。


この「▼」ボタンをクリックすると、リスト機能で実行できる集計方法が一覧で表示されます。「標準偏差」や「分散」なども計算できます。ここでは、「平均」を選択します。

選択した列に入力されているデータの「平均」の値が表示されました。

なお、この集計機能を使用しているときにオートフィルタを実行すると、抽出されたデータだけを対象とした集計となります。

残念なのは、集計内容がわからない点です。集計内容を確認したい場合は、「▼」ボタンをクリックし、集計方法の一覧を表示して確認します。

集計行を非表示するには

表示した集計行を非表示にするには、リスト範囲内を選択してから、「データ」メニュー→「リスト」→「集計行」をクリックします。

>その他、リスト機能に関する補助的な操作について紹介しておきましょう。



こんな記事も読まれています



コメントを残す